はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

HKT48のCDデビューが来年に決まった件

AKB48の姉妹グループであるHKT48(福岡市拠点)が、来年にCDデビューすることが、昨日(2012-11-08)発表されました。レコード会社はユニバーサルミュージックですから、メジャーレコード・デビューということになります。

「〈速報〉HKT来年CDデビュー さしこびっくり」
     朝日新聞(2012年11月9日6時20分)
東京のAKB、名古屋のSKE、大阪のNMBに次いで4都市目の姉妹グループ、福岡・博多のHKT48が、来年にCDデビューを果たすことが8日、発表された。福岡市内のHKT48劇場で報告すると、ファンからは「おめでとー!」の大コール。宮脇咲良(14)らメンバーは感激の涙を流した。
 劇場デビューから1年での朗報に、指原莉乃(19)は「うわさを聞き付けた母が昨夜電話をかけてきて、そのときはまだ信じられなかった」。

http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201211090001.html

詳細は、後日発表されるようですが、今の時点で公知されたということは、2013年の前半になる可能性が高いと思います。予想よりも、メジャーデビューが早まったと感じる人が多いのではないかと思います。デビューが早くなった要因の一つには、指原莉乃HKT48への加入により、全国的な知名度が急増したことがあると思います。

HKT48の初の劇場公演が行われたのは、去年(2011年)の11月26日でした。それから1年経ちますので、多くのファンが、来年(2013年)までにCDデビューがされることを期待していたようです。また、それが実現されなければ、HKT48の存在自体が危うくなる可能性がありました。

CDを発売するだけならば、AKB48グループの政治力と資金力があれば、今年の前半でも実現できたはずです。しかしながら、AKB48グループの一員としてCDデビューをするならば、それなりの売上が求められます*1

しかし、福岡市を本拠地とするHKT48が、ファンが全国にいるAKB48ほどの売上を上げるのは、極めて難しいです。また、同じ地方を拠点とするSKE48NMB48に較べても、福岡県のマーケットは、名古屋圏(SKE48)、関西(NMB48)よりも少ないです。

それに加えて、福岡においては、HKT48は女性アイドルグループのトップではないという現実がありました。福岡県には、LINQ、HRという先行したアイドルグループがあります。LINQは、インディーズ・レーベルであるとはいえ、2011年にCDデビューを果たしており、4枚目のシングルは、オリコンの週間6位(2012.7.16-22)*2となりました。

このため、HKT48がCDデビューするためには、福岡県以外での売り上げが見込めなくてはなりませんでした。全国に渡る売上を可能にするためには、全国的にファンを作ることが必要になります。しかしながら、指原莉乃の移籍が発表される前には、HKT48は全国的には無名であったと言っても過言ではありません。

私自身のことを申し上げると、HKT48の名前は知っていましたが、実情については全く知りませんでした。私は、HKT48はインディーズ・レーベルでのデビューくらいはしていると思い込んでいたのですが、オリジナル曲もありませんでした。そして、上でも書きましたが、福岡におけるトップアイドルグループでもありませんでした。私は、このことには非常に驚きました。AKBグループのファンの方々は、私よりはHKT48についてご存知だったと思いますが、HKT48のメンバーについて詳しく知っている人は少なかったと思います。

HKT48のCDデビューのために必須であった全国的な知名度は、指原莉乃AKB48から移籍したことをキッカケにして、急増しました。通常ならば、彼女をHKT48に移籍させることは、不可能でした。指原莉乃は多くの主要メンバーとは異なり、研究生出身でしたが、AKB48においては異例の出世街道を歩んでおり、今年の選抜総選挙で4位となっていたからです。しかし、彼女の移籍は週間文春の記事の件によって可能になり、彼女を救うコトにもなりました。

HKT48への注目は、指原莉乃の移籍報道により、一時的に増えただけではありませんでした。彼女が、出演するテレビ番組において、所属をHKT48と述べることによっても、知名度は上がりました。彼女は現在、5本のテレビ番組(2本は福岡ローカル)にレギュラーとして出演していますので、HKT48の広告塔としての効果は絶大です。

指原効果により、HKT48のメンバーのメディアへの露出も増えました。指原莉乃が扱われるメディアにおいてHKT48のメンバーが紹介されることがありますし、彼女による企画にメンバーが登場することもあります。「HaKaTa百貨店」(日本テレビ*3)も、彼女の移籍がなければありえない番組でした。

10月から放送が始まったこの番組では、MCである指原が、HKT48のメンバーを、ゲストとして登場するAKB48のメンバーに紹介する形で行われています。この番組を通じて、HKT48の各メンバーについて初めて知った人は少なくないと思います。私に関しては、この番組が始まる前に把握していたメンバーは、兒玉遥宮脇咲良村重杏奈の3人でした。この番組を見ることにより、HKT48チームHのメンバーの過半数の顔と名前が一致するようになりました。現時点においては、SKE48NMBのメンバーよりもHKT48のメンバーを知っています。

そして、AKB48の28枚目のシングル「UZA」では、指原莉乃の他に、宮脇咲良も選抜メンバーとして選ばれました。このような状況を受けて、HKT48のCDデビューにGoサインが出たのだと思います。


上でも書きましたが、HKT48SKE48NMB48に較べると、地元における購買力が少ないことは現実です。しかし、先行する2グループに比べて、プラスな点もあります。

SKE48NMB48は、AKB48の姉妹グループと言いながらも、AKB48ファンの中には、名古屋や大阪の親戚における従姉妹という感覚を持っている人もいるようです。これに対して、HKT48に関しては、末の妹だという認識がある人が少なくないようです。関東広域圏で「HaKaTa百貨店」を観ている人には、AKB48の最初の頃には居合わせることができなかったけれど、こんな感じだったのだろうなぁと眺めている人がいるようです。CDの売上には、地元のファンに加えて、それらのファンが貢献することになると思います。

【2012-11-09 16:32 追記】
AKB48の運営も、上に書いたことと、同様なことを狙っているようですね。

「誕生から1年…HKTが来年CDデビュー」
   日刊スポーツ(2012年11月9日6時48分)

(前略)

思い描くサクセスロードは、長女のAKB48だ。HKT48佐藤和也劇場支配人は言った。「AKB48の原風景をお見せしていきたい」。平均年齢14・7歳と、ほかの姉妹グループと比べても、突出して若い。初期のAKB48のようなフレッシュさで「今のAKB48の楽曲が、よりアーティスティックになった今、我々HKTが48グループの原点である制服アイドルにこだわっていきたい」。指原も「AKB48でできない曲を」と望んだ。現役女子中高生の集団にしかできない王道アイドル路線だ。

 48グループのある関係者は「AKB48の成長を一から目撃できなかったことを悔やむファンも多い。それを体験するならば、HKT48しかない」と言った。秋元康総合プロデューサー(54)が大切に温存してきた48グループのJOKERが、ついに羽ばたく。
【瀬津真也】

誕生から1年…HKTが来年CDデビュー - AKB48 - 芸能ニュース : nikkansports.com


−−以上−−

*1:AKB48関係のデビュー曲の売上では、SKE48の「強き者よ」(2009.8)は約5万枚、NMB48の「絶滅黒髪少女」(2011.7)は約27万枚、乃木坂46の「ぐるぐるカーテン」(2012.2)は約21万枚でした。この他、AKB48の派生ユニットにおいて、一番売上が多かったのは、Not yetの「週末Not yet」(2011.3)であり、約25万枚でした。それから、今年ソロデビューした渡辺麻友指原莉乃のCDの売上は、両者ともに15万枚を超えました。

*2:7月期の売上は、13438枚で47位

*3:この他に、福岡県、大分県で放送。11月からは鹿児島県で放送予定