はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

HKT48が「タンスにゲン」のCMによって、有明海にまでイメージを広げる

福岡市を拠点とするアイドルグループであるHKT48が、「タンスにゲン」(福岡県大川市)の関東向けのCMに起用されることになりました。

明日(2013年2月15日)からオンエアーになるこのCMには、指原莉乃など10人のメンバーが出演します。

(出演者:穴井千尋多田愛佳兒玉遥指原莉乃、田島芽­瑠、朝長美桜松岡菜摘宮脇咲良村重杏奈森保まどか


この件は、まず、アイドルグループがタンスのCMに起用されるということで面白いです。そして、着目すべきことは「タンスにゲン」が福岡市の企業ではなく、タンスが地場産業である大川市の企業であるということです。


大川市は福岡県なのですが、以前は筑後国であった大川市は、筑前の国であった福岡市とは違う地域にあります。HKT48の本拠地である福岡市は、博多湾に面しており、北に向けて流れる那珂川の河口に開けています。これに対して、大川市は、有明海に向かって南に流れる筑後川の河口の近くにあります。

HKT48は福岡県の県庁所在地である福岡市を拠点にしています。福岡市は福岡県の経済と文化の中心地ですが、福岡県の一部に過ぎないことも事実です。大川市の企業である「タンスにゲン」が、関東における知名度を向上させるためにHKT48をCMに起用したことは、HKT48を福岡県のアイドルグループとして看板に据えたということになります。

このCM起用は、HKT48に関するイメージ空間において、非常に重要なことだと思います。HKT48のイメージ空間が、博多湾周辺から有明湾まで広がったからです。今回のCMは、「タンスにゲン」と同様に関東において知名度を増やしたいと考える福岡県の他業種の企業が、HKT48をCMに起用することになる皮切りになる可能性もあります。


歌手の大川栄策ザ・ベストテンにおいてタンス担ぎをしたことにより、全国的な知名度を得た大川市は、最近では、ドラマ/映画化された漫画「のだめカンタービレ」で注目を浴びました。そして、さらに、HKT48でまた脚光を浴びることになれば、大川市のためにも望ましいことだと思います。


【この件に関するマスコミの記事】

【このブログにおける大川市の関連の記事】


−−以上−−