はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

「遠隔操作ウイルス事件」の容疑者として逮捕されたKさんに関するマスコミ報道について

「遠隔操作ウイルス事件」の容疑者であるKさんが、昨日(2013年2月10日)の朝に逮捕されました。Kさんは、「全く事実ではありません」と否認しているようです。

Kさんは現時点では容疑者であり、犯人ではありません。逮捕後、警察は、彼が犯人であることが確実だという印象が持たれるような事実を幾つか発表しています。しかし、警察の見解がどうであれ、容疑者であることには変わりがありません。


Kさんについての報道については、ネットでは批判が起きています。彼の個人情報も報道されていることと、逮捕前に盗み撮りされたと思われる写真/映像が報道に使われることが主な理由です。

マスコミはこの件について批判を受けた際には、読者/視聴者の要望に応じているとためだと答えるのかもしれません。しかし、そのような要望はワイドショー的に事件を楽しもうとする人達に限られており、その他の人の中には、マスコミのあり方に疑問を感じている人が少なくないと思います。

現時点において、一番非難されているもの一つは、MSN産経westに掲載されている片田珠美さん(精神科医)による「世の「非モテ男」に捧ぐ」という記事です。

以下の様な段落で始まるこの記事には、「遠隔操作ウイルス事件で逮捕されたXXXX容疑者」というキャプションで、逮捕前に撮影されたと思われるKさんの写真が掲載されています。

今年1月、この連載の19回目で取り上げた遠隔操作ウイルス事件で、容疑者の男が逮捕された。容疑を否認しており、真相は捜査の進展を待たねばならないが、モテなさそうというのが第一印象である。

「モテなさそう」という印象を述べるのは、セーフかも知れませんが、写真を掲載するのは大きな問題たと思います。MSN産経westは、Kさんは容疑者であることが確実なので、批判が起きないと考えて、写真を掲載したのかもしれません。しかし、その根底には、容疑者という弱い立場にいるから、報道してもOKだという考えがあるように感じます。


なお、この記事を画像として撮ったものが、「痛いニュース」の記事に掲載されていますので、元記事を削除しても、この記事を掲載したという事実は残ります。


−−以上−−