はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

2013年3月19日は、関東地方で夏日を記録したところが多かったようです。

本日(2013年3月19日)は、全国的に暖かくなりました。関東地方では、夏日(25度以上)となる場所が多かったようです。

アメダス観測点で一番気温が高かったのは、静岡(静岡県静岡市)の28.0度であり、これに上里見(群馬県高崎市上里見町)の27.9度が続きました。両者ともに、3月としての史上最高気温であり、今までの記録は、静岡が26.6 度(1998/03/30)、上里見が25.7度(2013/03/10)でした。

全国のアメダス観測点の中では、47箇所において3月としての史上最高気温を観測し、4箇所でタイ記録になりました。


関東地方の県庁所在地のアメダス観測点において、夏日(25度以上)となったのは、東京(25.0度)、さいたま(25.1度)、千葉(25.3度)、宇都宮(27.2度)でした。そして、埼玉県以外では、いずれかの観測点で、3月としての史上最高気温を観測しました。

上記の県庁所在地の中で一番気温が高かった宇都宮は、栃木県にある14箇所のアメダス観測点の中でも最高の気温でした。栃木県では、11箇所で今年最高の気温、そして、6箇所が3月としての史上最高気温を記録しました。宇都宮は両方に含まれています。

埼玉県では、3月としての史上最高気温を記録したアメダス観測点がなかったのですが、8箇所のアメダス観測点の全てにおいて、25度を超えました。この内、一番気温が高かったのは、熊谷の26.1度でした。3月としては史上最高の気温とならなかった訳は、高い気温を観測することが稀ではないからです。このことは、神奈川県と比較すると分かります。

神奈川県では、5箇所のアメダス観測点の中の4箇所(海老名[25.2度]、横浜[24.5度]、辻堂[23.3度]、三浦[23.2度])において、3月としての史上最高気温を記録しました。しかし、この中で25度を越えたのは、海老名だけでした。なお、神奈川県のアメダス観測点で、3月としての史上最高気温を記録しなかったのは小田原(24.4度)でした。


−−以上−−