はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

2014年のワールドカップ(サッカー、男子)には、日本は余程のことがない限り出場できることの具体的な説明

2014年にブラジルで開催されるサッカー(男子)のワールドカップに出場する国を決めるアジア最終予選の第6戦(アウェイ)において、日本はヨルダンに2対1で敗れました。

これにより、日本のワールドカップ出場の決定は、第7戦(vs オーストラリア[ホーム]、6月4日)以降になりました。この試合において日本が引き分け以上となるか、同日に行なわれるもう一試合(オマーンvsイラク)においてオマーンが引き分け以上ならば、日本のワールドカップ出場が決まります。

仮に、第7戦に日本が破れて、オマーンvsイラクイラクが勝ったとしても、余程のことがない限り、日本はワールドカップ出場になります。このことについて、以下に記します。


まず、各国の勝ち点、残り試合、得失点差を記します。「#」はホームの意味です。「日本」の行の「 6月4日」の列に「豪州# 」となっているのは、6月4日の試合は、豪州戦(ホーム)であることを意味しています。

勝ち点 残り試合数 6月4日 6月11日 6月18日 得失点差
日本 13 2 豪州# イラク   10
ヨルダン 7 2 豪州 オマーン# -6
豪州 6 3 日本 ヨルダン# イラク# 0
オマーン 6 2 イラク#   ヨルダン -3
イラク 5 3 オマーン 日本# 豪州 1


オマーンの場合は、残り2試合を全勝しても、勝点は12ですから、日本の勝点13を上回れません。したがって、日本としての最悪のシナリオは、日本とオマーンが全敗する場合です。この場合に、勝点と残り試合数がどのようになるかを、以下に示します。なお、得失点差はどうなるかは分かりませんので、以前の値のままです。

勝ち点 残り試合数 6月4日 6月11日 6月18日 得失点差
日本 13 0 豪州(L)# イラク(L) 10
ヨルダン 10 1 豪州 オマーン(W)# -6
豪州 9 2 日本(W) ヨルダン# イラク# 0
オマーン 6 0 イラク(L)#   ヨルダン(L) -3
イラク 11 1 オマーン(W) 日本(W)# 豪州 1


残り試合は、豪州vsヨルダンと、豪州vsイラクの2試合になります。イラク(勝点11)とヨルダン(勝点10)は、残り1試合を勝った場合のみに、勝点がそれぞれ、14と13になり、日本(勝点:13)以上の勝点になります。豪州は1勝1分以上で、勝点が13以上になります。

この2つの試合の結果により、この3国の勝点がどうなるかを、豪州の試合結果(vs ヨルダン、vs イラク)をキーにして、以下に記します。

vs ヨルダン vs イラク 豪州の勝点 ヨルダンの勝点 イラクの勝点
15 10 11
13 10 12
12 10 14
13 11 11
11 11 12
10 11 14
12 13 11
10 13 12
9 13 14


豪州が勝点13以上になる1勝1分以上だと、イラクとヨルダンは勝点13に達しません。したがって、2国以上が勝点13以上になるのは、豪州が勝点13以上になる場合はなく、イラクとヨルダンが勝点13以上になる場合だけです。これが可能になるのは、イラクとヨルダンが共に豪州に勝ち、それぞれ、勝点14と勝点13になる場合のみです。この場合の、各国の勝点の表を以下に記載します。

勝ち点 残り試合数 6月4日 6月11日 6月18日 得失点差
日本 13 0 豪州(L)# イラク(L)   10
ヨルダン 13 0 豪州(W) オマーン(W)# -6
豪州 9 0 日本(W) ヨルダン(L)# イラク(L)# 0
オマーン 6 0 イラク(L)#   ヨルダン(L) -3
イラク 14 0 オマーン(W) 日本(W)# 豪州(W) 1


この場合、勝点14であるイラクは、ワールドカップ出場が確実になります。勝点が13で並ぶ日本とヨルダンのどちらがワールドカップ出場になるかは、得失点差の比較になります。現時点において、日本の得失点差は「10」、ヨルダンの得失点差は「-6」であり、16点差があります。両者ともに残り2試合であり、直接対決はありません。したがって、日本が2試合をボロ負けしなければ、16点の差は覆りません。したがって、日本は、2敗してもボロ負けしなければ、ワールドカップ出場になるということが結論です。


−−以上−−