はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

関東(埼玉県)は3月の気温が高かかったために桜が早かったことと、東北(青森県)の桜は例年通りらしいこと

今日は、夕方にはやみましたが、昨日の夕方から強い雨が続いていました。また、強い風のために電車が止まったところもあったようです。かなり花が散ってしまった桜もあったのではないかと思います。先週末に、岩槻城址公園(さいたま市岩槻区)と、忍城(埼玉県行田市)に桜を観に行ったことは、正解だったようです。

上の記事では、忍城の最寄りアメダス観測所である「熊谷」における、3月各日の平均気温を、今年の3月と平年についてグラフにプロットしました。この記事では、そのグラフを再掲載するとともに、岩槻城址公園の最寄りアメダス観測所である「さいたま」のグラフも掲載します。


「熊谷」でも「さいたま」でも、大きく平年を下回ったのは3月の終わりの2日だけであり、その他の大部分の日は平年を上回っています。したがって、桜が咲くのがかなり早くなっても、当然なのかもしれません。


ウェザーニューズによる桜開花予想においては、第1回目(2013年03月04日発表)の予想では、大宮公園さいたま市)の開花日は3月28日でした。これは、過去5年の開花日の平均である3月26日と、ほとんど変わりがありませんでした。しかし、第3回(3月18日発表)の予想では3月24日となり、実際の開花日は3月19日になったようです。

また、満開開始日についても、第1回の予想では4月4日であったのですが、実際には3月24日であったようです。岩槻城址公園桜まつりは、今週の土日(4月6、7日)であり、残念ながら見頃を過ぎてしまっている可能性があります。しかしながら、第1回(3月04日)における満開開始日の予想は4月4日でしたから、この予想通りでしたらば、妥当な開催日でした。

発表回(日付) 開花日 5分咲き日 満開開始日 桜吹雪日
第1回(3月04日) 3月28日 4月1日 4月4日 4月8日
第2回(3月11日) 3月27日 3月31日 4月3日 4月7日
第3回(3月18日) 3月24日 3月26日 3月28日 4月1日
第4回(3月25日) 3月19日 3月21日 3月24日 3月28日


幸いなことは、これから桜全盛が北上する東北は、関東地方とは違って、平年通りらしいことです。

第5回目(2013年04月01日発表)の予想では、桜の名所である弘前城青森県弘前市)の開花予想日は、例年(過去5年の平均)と同じで、4月24日です。そして、満開開始日の予想は4月29日ですから、例年通り、ゴールデンウイークに大勢の観光客が訪れることになると思います。

ウェザーニューズが行った花見に関する全国意識調査によると、「花見の時間」「花見予算」「住んでいる場所の桜が日本一と思う人の割合」の3項目において、青森県は全国1位だそうです。弘前城の桜がキレイであることも大きな要因でしょうが、ゴールデンウイークに桜の満開になることも、同様に大きな要因になっていると思います。

「お花見平均2時間29分 桜好き三冠王青森県
       中国新聞('13/4/2)
気象情報会社ウェザーニューズ(東京)が花見に関する全国意識調査をまとめた。花見時間の全国平均は2時間29分、1人当たり平均予算は2224円。「花見の時間」「花見予算」「住んでいる場所の桜が日本一と思う人の割合」の3項目で青森県都道府県別トップに立った。
(後略)

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201304020248.html

−−以上−−