はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

淡路島付近で起きた最大震度6弱の地震(2013年4月13日5時33分)について

昨日の早朝に淡路島付近を震源とする最大震度6弱地震がありました(2013年4月13日5時33分)。気象庁の発表(5時48分)によると、地震の大きさはM6.0であり、震源の深さは10キロということでした。

最大震度である6弱を観測したのは、兵庫県淡路市郡家と淡路市志筑でした。そして、震度5強を観測したのは、南あわじ市広田、南あわじ市湊、淡路市久留麻でした。

震源は、北緯34.4度、東経134.8度となっているので、google 先生に聞いてみると、洲本市五色町(旧・五色町)に該当するようです。震源を、淡路市として情報を発信しているサイトもありますが、これは最大震度を記録した観測点が淡路市にあるからだと推測します。どちらにせよ、震源は淡路島の島内にあるようです。

建物や道路には、かなりの被害が出ているようですが、死者が出なかったのは不幸中の幸いでした。兵庫県の発表によると、今日(2013年4月14日)の9時の時点で判明している負傷者は、15人です。なお、この発表では、地震の大きさと震度は、M6.3と15キロに修正されています。

兵庫県は、阪神・淡路大震災(1995年1月17日)により大きな被害を受けました。しかし、調べてみると、1996年以降の最大震度は、2000年10月6日に起きた鳥取県西部地震(最大震度6強:境港市 日野町)において、 津名町志筑(現:淡路市)で記録した震度5弱でした。また、震度4の地震も5回記録しただけでした(1996年:1回、2001年:1回、2004年:2回、2008年:1回)。