はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

ヒビキ一郎にブスと言われた朝ドラ「あまちゃん」のヒロインと、著しい美人だけではないAKB48

4月30日のブログ記事に書いたように、ゴールデンウイーク前半に、朝ドラ「あまちゃん」の舞台である久慈市(=北三陸市)に行きました。この時に初めて知ったことは、「あまちゃん」のヒロインである天野アキ(能年玲奈)が、ドラマの後半ではアイドルを目指し、GMT47という女性アイドルグループに入るらしいということです。

もちろん、GMT47とは、AKB48を念頭において設定されているのだと思います。私は、朝ドラまで、AKB48を持ちださなくてもいいと思います。しかし、既にそのように決まっており、また、撮影も始まっているのでしょうから、不平を言っても仕方がないことです。


そういえば、このドラマはAKB48に関係しているのではないかと感じた場面がありました。第11回(2013年4月12日)において、足立ユイ(橋本愛)の写真を撮りに来たアイドルオタクのヒビキ一郎(村杉蝉之介)に、アキが「どけよブス!邪魔なんだ!」と悪態をつかれる場面です。

アキは十分に可愛くて、普通の感覚ならばブスだと思う人はいません。しかし、普通にカワイイ女の子に、そのような悪態をつく人がいることも事実です。

また、ユイの兄であるヒロシ(小池徹平)は、アキのことをカワイイと思うのですが、地元の人は、アキの祖母である夏(宮本信子)を含めて理解出来ません。ヒロシと地元の人の違いは、彼は盛岡市の大学を卒業して、東京の会社に2ヶ月務めていることです。南三陸市のような田舎では、綺麗/カワイイに関する物差しが1種類しかないことが極めて多いです。しかし、都会では、綺麗/カワイイを評価する複数の物差しを持つ人が少なからずいます。その別の物差しを持つヒロシには、アキのことがカワイイと認識できるのだと思います。


AKB48は、秋元康によると、クラスで10番目にカワイイ女の子を集めた女性アイドルグループです。と言っても、全てがそのレベルの女の子ではなく、そのような女の子もメンバーになりえるグループということだと思います。なお、AKB48が人気グループになってきてからは、応募者が増えたためか分かりませんが、最近入ったメンバーはレベルの高い女の子がほとんどです。

さて、AKB48がそのようなコンセプトで作られたことを知りながら、AKB48のファンの中には、容姿が極めて優れていないメンバーについて、ヒビキ一郎のような悪態をネットに書き込む人がいます。ヒビキ一郎は、そのようなAKB48のファンをモデルにしているような気がしました。

容姿に優れている女の子が好きならば、そのような好みの人のために作られたアイドルグループのファンになれば、悪態をつく必要がなく、精神の健康のためにも良いと思います。そして、そのような人達の受け皿として、秋元康乃木坂46を作っています。


AKB48グループのメンバーの容姿による分類は、高須クリニック名古屋院院長・高須幹弥氏が、ブログ記事にしました。彼のブログ記事ではメンバーの写真を載せているだけで、名前が記載されていませんので、彼の記事をネタにしたlivedoorの記事に基いて、メンバーの分類を記載します。

高須幹弥氏は、AKB48グループ(乃木坂46を含む)の24人のメンバーを「女性ウケするタイプ」「一般的な男性ウケするタイプ」「ヲタウケするタイプ」「地下ウケするタイプ」に分類しています。

【女性ウケするタイプ】
小嶋陽菜篠田麻里子板野友美入山杏奈(以上、AKB48)、小木曽汐莉SKE48)、白石麻衣乃木坂46)、森保まどかHKT48
_
【一般的な男性ウケするタイプ】
大島優子、菊池あやか、島崎遙香(以上、AKB48)、秦佐和子大矢真那(以上、SKE48)、山本彩吉田朱里NMB48
_
【ヲタウケするタイプ】
渡辺麻友柏木由紀市川美織(以上、AKB48)、松井玲奈SKE48)、渡辺美優紀NMB48)、指原莉乃宮脇咲良(以上、HKT48
_
【地下ウケするタイプ】
峯岸みなみ伊豆田莉奈(以上、AKB48)、松村香織SKE48
_
(注意1)都合上、メンバーの順番を元記事と変えています。
(注意2)現メンバーと、元メンバーの記載の区別をしていません。

高須幹弥氏がAKBグループを顔面仕分け 「乃木坂46の白石麻衣さんは絶世の美女なのか?」 - ライブドアニュース


興味深いことは、去年の選抜総選挙において、2、3、4位になった渡辺麻友柏木由紀指原莉乃が「ヲタウケするタイプ」に分類されており、「女性ウケするタイプ」に入っている篠田麻里子(5位)、小嶋陽菜(7位)、板野友美(8位)の順位を上回っていることです。

第3期のメンバーである柏木由紀は一昨年(2011年)の選抜総選挙において、ほぼ第1期のメンバーであるこの3人を抜きました。そして、さらにAKB48に入る時期が遅い指原莉乃(第5期)は、去年(2012年)の選抜総選挙において、この3人を抜きました。

このことから、AKB48が成功した理由の大きなものとして、一般的な感覚では容姿が優れているとされる「女性ウケするタイプ」や、「一般的な男性ウケするタイプ」だけではなく、「ヲタウケするタイプ」の女の子をメンバーに加えたことがあると、私は考えます。ヒビキ一郎のタイプのAKB48ファンは、このことに気が付かないフリをしているのかもしれません


あまちゃん」の話に戻ると、足立ユイは、おそらく「女性ウケするタイプ」に入るのではないかと思います。これに分類されている篠田麻里子小嶋陽菜は、容姿においてバッシングを受けることはほとんどありません。これに対して、ヒビキ一郎に「ブス」と罵倒された天野アキは、「あまちゃん」の世界においては、「ヲタウケするタイプ」になるのかもしれません。

天野アキが「ヲタウケするタイプ」とされることには、違和感を感じる人もいらっしゃると思います。しかし、「ヲタウケするタイプ」に分類されているメンバーで、純粋に容姿だけでこれに分類さているメンバーは少ないように思います。例えば、指原莉乃の場合はこの7人の中でも地味な感じであり、容姿だけならば、ヲタ受けするようには見えません。彼女の持っている特質を合わせて「ヲタウケするタイプ」となっているように思います。


今回の旅行でゲットした「あまちゃん」のリーフレットでは、東京編について以下のように記載されていました。

海女として人気が出たアキは、全国に北三陸の魅力をPRするてめに上京を決意。47都道府県のご当地アイドルから選抜されたアイドルグループ「GMT47」の挫折奮闘劇が始まった! 果たして、アキにデビューの日はくるのか?


あまちゃん」のヒロインは、上で少しふれた指原莉乃に似ている設定だという意見を、1年少し前に聞いたことがあります。指原莉乃は、AKB48の48人枠が埋まったあとの加入なので、研究生から出発し、途中では干された時期(=挫折)もあったようです。そして、去年の選抜総選挙では4位に上昇したものの、そのメリットを活かすこともなく、例の件で博多をベースにするHKT48へ異動になりました。

そのHKT48のデビュー曲(2013年3月20日発売)は、初週で25万枚を売り上げ、大成功をしました*1HKT48においてプレイングマネージャーとしての役割をしていた彼女は、その功績が評価されて、HKT48劇場の支配人*2になりました。

指原莉乃の歩んだ道は、正に「挫折奮闘劇」です。アキの「挫折奮闘劇」がそれ以上に過激なものでないことを願いながら、この記事を終えたいと思います。


【関連記事】


−−以上−−

*1:女性アーティストのデビューシングルの初週売り上げの記録を塗り替えました。

*2:以前からの支配人である尾崎さんという人がいるので、指原莉乃がどのような役割を担うのかは、彼女自身も現時点では分かっていないようです。