はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

「HKT48のミニうちわ」をゲットしました。

昨日、コンビニ(サークルKサンクス)に行った際に、「HKT48のミニうちわ」を見つけました。

店員さんに聞くと、ロッテの対象商品を二つ買うと貰えるということでした。対象商品の最低価格は100円から200円くらいあり、それほど高くはありません。店頭には、6種類のミニうちわがおいてあり、それから選べるようでした。期間は2013年5月29日から6月11日であり、「HKT48のミニうちわ」がなくなり次第、終了のようでした。

HKT48のミニうちわ」がある時点で、二つの商品を買えば確実にゲットできるので、朝日飲料のワンダのAKB48キャンペーン*1とは違って、好ましいと思いました。対象商品にはチョコが含まれており、私は嫌いではないので、昨日と、今日に1枚づつゲットしました。

置いてあった6種類の表は、指原莉乃田島芽瑠兒玉遥宮脇咲良多田愛佳の写真と、16人の集合写真とになっていました。具体的にどんな写真であるかが知りたい方は、上のページを見ていただきたいと思います。私がゲットしたのは、指原莉乃と、集合写真のものでした。

裏には、黒字に白文字で、「HKT48 必勝 48グループ 選抜総選挙」と書いてあります。「HKT48 必勝」と言われても、対戦相手がある競技ではないので困ってしまいますが、AKB48選抜総選挙は姉妹グループのメンバーには不利なので、そのくらいの意気込みが必要だということだと思います。

残念なことは、5人のメンバーのものしかなかったことです。理想的には、選抜総選挙に立候補したHKT48の全てメンバーのものがある方が望ましいのです。しかしながら、関東においては、ごく普通の人が知っているメンバーは指原莉乃くらいしかいないので、現実的なやり方のようにも思えます。最後まで残るメンバーは可哀想ですからね。なお、HKT48のメンバーが多く知られている地元の福岡において、どうなっているのかは知りません。


ところで、6月22日に公開された速報結果では、HKT48のメンバーは8人が64人枠に入りました。上記の5人のメンバーの他には、森保まどか朝長美桜岡本尚子が入りました。去年、64人の枠に入った宮脇咲良はこの8人の中では一番下である61位でしたが、HKT48で8番目の人気というわけではありません。指原莉乃(速報:1位)と宮脇咲良の他の6人のヲタが、戦略的に最初からぶっ込んできたということなのだと思います。

HKT48のセカンドシングルの売り上げを伸ばすためには、できるだけ多くのHKT48メンバーが64枠に入ることが効果的なことだと思います。長崎県におけるHKT48の人気を増やすためには、地元の森保まどか(速報:49位)が64人枠に入ることは、良い影響を与えると思います。



−−以上−−

*1:ルーレットを行うディーリングルームにも容易に入れませんでした