はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

北陸新幹線の運行体系が発表されましたので、雑然と記載します。

2005年の春に金沢まで開業する北陸新幹線の運行体系が、JRにより発表されました(2013年10月2日)。なお、現在は長野駅まで開業しており、長野新幹線という名称が使われています。

運行体系は、全部で4種類であり、この内の2種類は東京〜金沢間を直行するものです。「速達タイプ」と「停車タイプ」の2つがあり、「速達タイプ」では、所要時間は2時間半になるとのことです。この他に、東京〜長野における「現長野新幹線タイプ」と、富山〜金沢間のみを運転する「シャトルタイプ」があります。


東京周辺の人にとっては、金沢までの開業は、プラスがほとんどです*1。現在、金沢に行く時は、殆どの場合、上越新幹線越後湯沢駅から乗り換えるルートが使われます。この所要時間は4時間ですので、1時間半の短縮になります。また、飛行機については、金沢駅から小松空港まで、空港バスで1時間くらいかかります。空港への移動も考えるならば、飛行機よりも便利になると思います。

途中駅になる長野市にいく場合も、プラスになるとおもいます。「速達タイプ」も「停車タイプ」もおそらく長野駅に停まるでしょうから、利用できる本数が増えると思います。そして、「速達タイプ」に乗れば、今までよりも所要時間が減る可能性もあります。


しかしながら、関西の人にとっては、プラスにならない可能性があります。現在は、特急に乗れば富山まで乗り換えなしで行けるのですが、金沢駅で乗り換えになるからです。乗り換えによる利便性の低下を補うために、「シャトルタイプ」が設定されたようです。

「シャトルタイプ」を利用すると、金沢駅富山駅の所要時間は20分になるそうです。現在の所要時間は、特急を使って40分ですから、半減します。でも、机上の計算ではプラスになるものの、乗客の感覚としてはどうであるかは、蓋を開けてみないとわかりません。身体が万全ではない人にとっては、乗り換えがない方が望ましいですことだけは確かです*2


地元の人にとっては、長距離の交通は便利になるけれども、地域内の交通は不便になるという、今までの新幹線延長と同様のことが起きると思います。忘れがちなことは、東京への飛行機の本数が減る可能性があるということです。特に、小松空港よりも本数が少ない富山空港の利用者には、影響が起きる可能性が高いです。

延長部分が通過する自治体への影響も、今までの新幹線延長と同様だと思います。現在の特急停車駅に新幹線が停まる自治体には、プラスです。県庁所在地の場合は「++」以上、それ以外は「+」だと予想します。特に、特急との乗換駅である金沢駅がある金沢市にとっては、「+++」だと思います。県としては、県庁所在地の繁栄が一番重要でしょうから、県レベルの感覚では、プラスになるという解釈だと思います。

でも、残念ながら、特急停車駅である市の中心駅に新幹線が停まらない自治体の場合は、マイナスになると思います。自治体に新幹線停車駅が無くなる場合には「−−」、停車するものの別の駅の場合は「−」だと思います。後者に該当する場合でも、特急停車駅からへのアクセスが良い場合は大きなマイナスにはならず、プラスになる可能性もありえます。例えば、今までは特急が市の中心にある高岡駅に停まっていた高岡市富山県)です。新幹線が停車する新高岡駅(新設)は高尾駅に近く、城端線の新駅にもなります。

富山県石井隆一知事は、特急存続の要請をしているようですが、難しいと思われます。新幹線延長の隠された目的として、在来線を廃止することがあるからです。知事の発言は、特急廃止の弊害を実感として理解し始めた県民の気持ちに配慮したものだと推測します。。


最後になりますが、私が北陸新幹線の金沢開業に興味があるのは、日本の文化にどのような影響があるかということです。石川、富山の両県(特に、石川県)は、現在は、東京よりも関西の文化の影響が強い地域ですが、金沢開業により東京の影響力が増す可能性があるからです。

私は、金沢の和菓子屋では、京都の影響が大きいと感じました。それから、スポーツ新聞は、阪神タイガースが大きく扱われています。巨人を経て大リーグに移籍した松井秀喜(星陵高校卒)は、高校時代は阪神ターガースのファンだと聞いています。人の交流も関西との方があるようです。例えば、松井秀喜と同じく星陵高校卒である本田圭佑CSKAモスクワ)は、偶然なのかもしれませんが、大阪府摂津市の出身です。

長期的には、関西よりの影響力が減り、東京の影響力が大きくなると予想します。文化も若干かも知れませんが、東京化すると思います。傾向はともかくとして、その程度は地元の人に意志に大きく影響します。関東の人も含めて、文化の東京化は望ましくはないと思っている人が多いと思います。

私は、できれば、これを機会に地域の文化の発信力が増えたらば良いと思います。でも、地元の人の人がどうありたいかが重要なので、外部の人がとやかく言うことではありません。私は、興味を持って眺めていこうと思います。


−−以上−−

*1:上越新幹線と、ほくほく線には、マイナスになると思います。

*2:今までの例では、東北新幹線新青森延長により、青森県へ所要時間は減りました。しかし、青森市の中心駅である青森駅まで行くのには、在来線に乗り換えなくてはなりません。