はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

みのもんた氏が「みのもんたの朝ズバッ!」を降板したことに関しての雑感

みのもんた氏が「みのもんたの朝ズバッ!」を降板することを、本日(2013年10月25日)、TBSが発表しました。番組は、11月の第2週からリニューアルされるそうです。


降板の理由には、日本テレビに務めていた彼の息子さん(御法川雄斗さん)が逮捕されたことがあると推測しますが、TBSはこのことには言及していないようです。なお、御法川雄斗さんは、今月の8日付で日本テレビを諭旨解雇処分になったようです。

私は、息子とはいえ、成人となっている御法川雄斗さんが逮捕されても、彼がテレビ番組を辞める必要はないと思っています。TBSの判断には、「みのもんたの朝ズバッ!」が報道番組だという認識があるようです。彼が今まで出演を自粛していたのも、この認識によるようです。


私は、この番組が報道番組だという認識はありませんでした。「発掘!あるある大事典」(フジテレビ)がバラエティー番組であったことと同じように、「みのもんたの朝ズバッ!」をニュースバラエティー番組であると認識していました。私は、「発掘!あるある大事典」には、放送内容に違和感を感じるものがありました。それと同様に、「みのもんたの朝ズバッ!」においても、みのもんた氏の発言に問題を感じることがありました。

なお、私には「発掘!あるある大事典」は有益な情報をもたらさないので、観ていませんでした。「みのもんたの朝ズバッ!」については、デジタル時計の文字が大きいことと、星占いのコーナーがないことは、評価していました。


私は、みのもんた氏に比べれば、サッカーに関しては彼より詳しいと思っています。私より詳しい人の割合は多いと思いますが、彼よりも詳しいことは確かだと思います。その私の観点からすると、彼のサッカーニュースに関するコメントに問題を感じることは、稀ではありませんでした。彼のコメントに問題があっても、他の出演者が是正するのならば問題は少ないのですが、必ずしもそうではありませんでした。

他の分野については、私は凡庸な人間なので、詳しくないものの方が多いです。それらの分野についても、彼のコメントのレベルは同様であると私は推測するのですが、私の推測が間違っている可能性もあります。


私の認識はともあれ、TBSの認識では、「みのもんたの朝ズバッ!」は報道番組のようです。スポーツニッポンの記事に記されているTBSの言葉によると、この番組は、「視聴者の目線で、様々な社会的事象や事件について、みの氏が直言するというコンセプトの報道番組」だそうです。直言に妥当性がないのもあるなれば、報道番組ではないと思うのですが、TBSの認識では報道番組であるようです。そのような認識であり、報道番組にみのもんた氏がそぐわないようになったのならば、彼の降板は筋が通っています。

でも、私は、彼の問題は、息子の件よりも、吉田明世アナに対するセクハラの件(2013年8月30日)の方が大きいと思います。もし、この件に対して番組が問題がないと判断しているのならば、番組自体に問題があると思います。TBSの上の方としては、セクハラの件に言及せずに番組をリニューアルできることは、好都合だと考えているのではないかと推測します。なお、リニューアルが吉田明世アナにマイナスにならないことを願います。


現在出演しているバラエティー番組に関しては、彼は降板する必要はないと、私は思っています。番組として私が知っている「秘密のケンミンSHOW」(TBS)については、彼が上手く活きている番組だと思っています。

この番組では、彼が間違えても、ツッコむ出演者がいるので、問題が起きないようです。「みのもんたの朝ズバッ!」においては、彼が会社の重役であり、TBSの出演者が普通の社員というような関係性であったために、そのような雰囲気はありませんでした。

なお、彼は「秘密のケンミンSHOW」を降板する必要はないと、私は考えますが、これは私の認識にすぎません。また、必要がない場合でも降板することはありえます。特に、番組のスポンサーの意向は大きいです。


−−以上−−