はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

「女々しくて」がjoysound年間カラオケランキング(2013年)で1位を奪取し、「恋チュン」は発売から3ヶ月にもかかわらず、13位まで辿り着く。

joysoundにおける今年の年間カラオケランキング(2013年)が、昨日(2013年12月2日)発表されました(30位まで)。

去年の1位である「ヘビーローテーション」(AKB48)に代わって1位になった曲は、「女々しくて」(ゴールデンボンバー)でした。5位までの順位を、去年の順位と共に表にします。

順位 アーティスト 去年の順位
1 女々しくて ゴールデンボンバー 2
2 残酷な天使のテーゼ 高橋洋子 4
3 千本桜 WhiteFlame feat.初音ミク 3
4 小さな恋のうた MONGOL800 7
5 ハナミズキ 一青窈 10


5位までになった曲は、全て去年の10位までに入っていた曲です。このことから、今年はカラオケのヒット曲が生まれなかったと解釈する人がいるようですが、そうではありません。「恋するフォーチュンクッキー」(AKB48、8月21日発売)が大ヒットしています。

恋するフォーチュンクッキー」は、発売週(8月19日〜25日)にトップになってから、先週(11月25日〜12月1日)まで、14週連続でトップに君臨しています。

J-castは、年間13位であることをマイナスに解釈していますが、発売から14週しか経っていないために、13位までしか辿り着けなかったということが正しい解釈です。

-「大人気アイドルもカラオケでは苦戦 AKBや嵐も「女々しくて」に勝てず : J-CASTニュース


今年発売の曲で30位までに入った曲には、この曲の他に、6位になった「紅蓮の弓矢」(Linked Horizon、7月10日)があります。以下のプレスリリース(株式会社エクシング)によると、この曲は6月5日に、歌詞表示なしでカラオケ先行配信となったそうです。スポニチの過去記事によると、joysoundの月間ランキングでは、5月までトップであった「女々しくて」を退けて、6月はこの曲がトップだったようです。

恋するフォーチュンクッキー」の場合は、月間ランキングでは、8月に4位で登場したあと、9月からは現在まで3ヶ月連続で月間トップになっていますので、集計期間が年末までであれば、10位内に入った可能性があります。

AKB48の曲であり、去年の1位であった「ヘビーローテーション」(AKB48、2010年発売)は9位になっています。この他にAKB48の曲では、「フライングゲット」(2011年発売)が20位でした(去年:6位)でした。

AKB48の曲では、「ヘビーローテーション」が長い間にわたってカラオケの代表的な曲でしたが、去年の後半から、以前ほどの勢いがなくなっているように見えました。それに代わるものとして登場した曲が、「恋するフォーチュンクッキー」となりました。


6位から15位までも記載しておきます。去年までの発売の曲で、去年のベスト30に入っていない曲は、「366日」(HY、2008年)だけのようです。

順位 アーティスト 去年の順位
6 紅蓮の弓矢 Linked Horizon 今年発売
7 栄光の架橋 ゆず 5
8 キセキ GReeeeN 8
9 ヘビーローテーション AKB48 1
10 天体観測 BUMP OF CHICKEN 13
11 366日 HY 31位以下
12 チェリー スピッツ 21
13 恋するフォーチュンクッキー AKB48 今年発売
14 ライオン May'n/中島愛 12
15 愛唄 GReeeeN 19


今年の後半の週間ランキングに入っていた曲で、私の記憶に残っている曲は、「潮騒のメモリー」(小泉今日子(天野春子))です。でも、この曲は30位内にはありませんでした。

それから、「恋するフォーチュンクッキー」と同様に日本レコード大賞の候補になっている「EXILE / EXILE PRIDE 〜こんな世界を愛するため〜」(EXILE、4月3日)も、30位内に入っていません。この曲の売り上げは100万枚を越えましたが、ダウンロードランキング(itunes)と同様に、カラオケでもふるわないようです。