はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

「恋するフォーチュンクッキー」が、第86回選抜高校野球大会の開会式入場行進曲に決まったことを、妥当だと思うこと

恋するフォーチュンクッキー」(AKB48)が、第86回選抜高校野球大会(2014年3月21日〜)の開会式入場行進曲に決まりました。

Yahoo!Newsに転載されたスポニチの記事にリンクを張ることにします。


私は、この決定は妥当だと思います。選抜高校野球大会の開会式入場行進曲は、近年は前年のヒット曲から選ばれており、この曲は去年のヒット曲であるからです。この曲は去年の日本レコード大賞を逃していますが、それは、大人の事情によりEXILEの曲が選ばれたからです。

恋するフォーチュンクッキー」は、行進曲には合っている曲だと思います。例えば、以下の吹奏楽versionを聞けば、同じ意見を持つ人は多いと予想します。


この動画は、参考音源付き楽譜を発売しているwindscoreという会社によるものです。この会社のサイトに行くと、「週間人気ランキング」のトップ10が示されており、先週(2013/12/30〜2014/1/5)のランキングでは、「恋するフォーチュンクッキー」が1位でした。

先々週のランキングは分かりませんが、その前の週(2013年12月16日〜22日)のランキングでも1位でした。つまり、この曲は、吹奏楽の関係者には極めて人気があるということになると思います。

2013年12月16日〜22日のトップ10については、以下の記事に書き留めてありますので、ご興味のある方は御覧ください。


過去の開会式入場行進曲のリストを見るのならば、一見、行進曲には向いていないように見える曲も含まれています。そのリストは、スポニチの記事にリンクされている以下のページにあります。

行進曲には向いていない曲に見えても、実際は向いている曲もあると思います。例えば、2003年の開会式入場行進曲となった「大きな古時計」(平井堅)は、詞の内容からだけから判断すると、向いていないように感じます。でも、そのコンテクストから離れて行進曲となると、向いているのかもしれません。

大きな古時計」が実際に行進曲に向いているたのかについては、興味深いです。また、「恋するフォーチュンクッキー」が今年の開会式入場行進曲となったことに異論を唱えている方が、「大きな古時計」(平井堅)が2003年に選ばれた際にも違和感を唱えたかどうかについても、興味深いです。

ちなみに、平井堅は「恋するフォーチュンクッキー」をとても気に入っているそうで、ライブで歌っているようです。


恋するフォーチュンクッキー」が行進曲に向いていないと思い込んでいる方がいらっしゃるように、この曲が一般層には流行っていないと思い込んでいる人もいらっしゃるようです。そして、このことを、開会式入場行進曲として妥当ではない理由にしているようです。

恋するフォーチュンクッキー」が一般層に人気があるだということは、オリコンの週間シングルチャートにおいて、発売週から先週(2013年12月30日〜1月5日)まで、20週連続でトップ50に入っていることから明らかです。なお、先週は、日本レコード大賞紅白歌合戦において披露された効果があったのでしょうが、先々週の21位から6位上昇して15位になりました。今週のデイリーランキングの推移を見ると、今週もトップ50に入ることは確実だと思います。


AKB48のCDは、特典を求めてファンが大量購入することにより、ミリオンセラーになっていることは事実です。しかしながら、特典目当てで買うファンは、次のCDが発売されると減ります。この曲は、AKB48のシングルとしては、32枚目であり、既に33枚目と34枚のシングルが発売されています。したがって、現時点において、このCDを買うAKB48ファンはほとんどいません。このことから、現在もトップ50に入り続けていることは、一般層における人気が高いことを意味しています。

ちなみに、初週からトップ50に連続で入った週数において、「恋するフォーチュンクッキー」を上回っているAKB48の曲は、「ヘビーローテション」(44週連続、2010年8月18日発売)しかありません。


一般層における人気が高いことは、CDのような特典を付けないダウンロード販売において、発売から4ヶ月以上経つ現在でも好調であることからも明らかです。例えば、レコチョクの月間ランキング(12月)でも、4位になっています。


恋するフォーチュンクッキー」はカラオケでも非常に人気があり、週間ランキング(joysoundDAMオリコン)におけるトップにあり続けています。AKB48の曲におけるNO1カラオケソングは、今までは「ヘビーローテション」だったのですが、現時点においてはこの曲がトップです。


―――以上―――