はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

正月旅行で、軍艦島と野母崎(長崎市)に行ったこと

お正月に九州に旅行に行ってきました。本来の目的は、軍艦島長崎県長崎市、正式名:端島)に行くことだけだったのですが、帰りの新幹線のチケットが手に入らなかったために、長居をすることになりました。結果的に、非常に有意義な旅になりました。


軍艦島へのツアーは幾つもの会社が運行しているのですが、私は、やまさ海運の「軍艦島上陸周遊」に参加をしました。ネットから予約ができます。

軍艦島にある建物は、その時代としては最先端の建物だったそうなのですが、今は風化してしまっていました。時の流れとはいえ、感慨深いものがありました。できれば中に入ってみたかったのですが、それができないのは、危険だからなのだと思います。なお、googleストリートビューで見れるようなのですが、私は試していません。

ツアーのタイトルは「軍艦島上陸周遊」ですから、上陸して見学をしてから、島の周りを周遊するはずでした。しかし、波が荒いために周遊は中止になりました。島を見学している時も風が強くて寒かったので、中止になったと聞いた時には仕方がないと諦めがつきました。欠航したり、上陸ができない時もあるようですから、長崎市に行く第一目的が軍艦島に行くことならば、余裕がある予定にした方が良いと思います。

軍艦島は、長崎市の南部にある野母崎からもよく見えました。ですから、軍艦島へのクルーズが欠航した際には、野母崎から観るという代案があります。


野母崎からの眺めが一番いいのは、おそらく、権現山展望公園 からだと思います。でも、最寄りのバス停からはかなり歩かなくてはなりません。長崎駅にある観光案内所で勧められたのは、水仙の里公園(最寄りバス停:野母崎運動公園[長崎バス])から観ることでした。

水仙の里公園は見晴らしが良い所にあり、軍艦島もよく見えました。私が行った時には、「のもざき水仙まつり」(2014年1月11日(土)〜2月1日(土))は始まってはいなかったのですが、それなりに水仙が咲いていました。

実は、私は、「野母崎運動公園」から長崎市の中心部に帰るバスに乗り遅れてしまいました。次のバスまでは時間が十分すぎるほとあったので、直ぐ後に来た反対方向のバスに乗ってみました。これは、旧・野母崎町の中心部へ向うものです。

旧・野母崎町がどんなところかという興味があったので、「野母崎行政センター」で降りてみました。しばらく歩いたところ、タクシー会社がありました。ラッキーでした。

ということタクシーに乗って、権現山展望公園まで行ってみました。権現山展望公園からの展望はすばらしかったです。タクシーの運転手さんの話によると、天草が見える日もあるようです。この時は、野母崎と天草の位置関係が分からなかったのですが、あとで地図を見て、近いことを確認しました。

権現山展望公園(google map)


この他、長崎市に関しては、以下のネタがありますので、そのうちに書くことにしたいと思います。


【関連記事】

−−−以上−−−