はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

ココウォーク(長崎市)で観覧車に乗りました。

長崎市長崎県)を旅行した際に、「ココウォーク」(正式名称:みらい長崎ココウォーク)の観覧車に乗りました。


長崎市には観光名所が多いので、「ココウォーク」は、観光ガイドには、おそらく載ってははいないと思います。私が「ココウォーク」という名前を知ったのは、野母崎に行くために乗るバスについて調べた時でした。ここが始発だったのです。その時は、「ココウォーク」がどういうモノかは分かりませんでした。先ほど、wikipediaを観たところ、「バスターミナル併設の複合商業施設」と説明されていました。

ココウォーク」に観覧車があることが分かったのは、 稲佐山にある展望台から眺めた時です。稲佐山からの夜景は有名です。長崎に来た第1日目は、とりあえず、長崎市を一望するために、バスとロープウエイを使って、稲佐山に行きました。展望台から見つけた観覧車を地図と照合すると、「ココウォーク」に観覧車があるらしいことが分かりました。野母崎行きのバスについて情報も得られるかも知れないと考えて、ここに行くことにしました。

ココウォーク」の最寄り駅は、路面電車である長崎電鉄の「茂里町駅」です(JRの最寄り駅:浦上駅)。バスで路面電車が走っている道まで戻り、「宝町」から「茂里町駅」に向かいました。


ココウォーク」にある観覧車の場所(8階建ての5階)は、分かりやすいです。また、名称も凝らずに「観覧車」となっているので、案内板から探し易かったです。

観覧車に、他にどんな呼ばれ方があるのかと思われた方がいらしたと思います。でも、そういうところもあります。「サンシャイン栄」(名古屋市、栄)では、「sky-boat」という名称が使われていました。なお、「sky-boat」の乗り場は、TSUTAYA(3階)の店内にありました。「ココウォーク」はファミリー向けであるのに対して、「サンシャイン栄」はパチンコの京楽のビルであり、1階にはパチンコ屋があります。客のターゲットの違いなどが、観覧車にも現れているのだと思います。なお、「sky-boat」の乗り場を探すことに苦労したことは、以下の記事に書きました。


ココウォーク」にはシネマコンプレックス(6、7階)などがあり、ファミリー層が楽しめるところだと思います。シネマコンプレックスがある複合商業施設としては、JR長崎駅にある「アミュプラザ長崎」も同様です。しかし、こちらの方は都会的なコンセプトで作られているようなので、ファミリーでゆったりしたいのならば、「ココウォーク」の方が向いていると思います。


観覧車という本題に戻りますと(笑)、暮れていく長崎の景色はとても良かったです。この観覧車では、思いがけないことがありました。私は通常、観覧車では外向きに座って景色を観ます。このため、観覧車が頂点に達すると、反対側の席に移ります。今回、移動してから気がついたことは、前の箱に乗っていたお客さんがこちらを向いて手を振っていたことです。どうやら、私に対して振っているようなので、振り返してみると、解釈は間違っていなかったようです。観覧車の頂点に近いところに居る短い時間のことではありました。


さて、旅行から帰ってから調べてみると、「ココウォーク」のそばには、「長崎ブリックホール」というコンサートができる箱があることが分かりました。コンサート客が時間を潰す際に、あまり歩きたくないのならば、「ココウォーク」は選択肢の一つになると思います。

長崎ブリックホール」の大ホールは、長崎では席数が一番多いようです。このブログで話題にすることがあるHKT48(福岡市拠点のAKB48系アイドルグループ)のコンサート(2014年2月8日(土)、2公演)も、ここで行なわれるようです。このコンサートは、「HKT48 九州7県ツアー〜可愛い子には旅をさせよ〜」の一部になっています。

長崎ブリックホール」の形状をホームページなどを観たところ、興味深かったです。しかしながら、そういう意味では大きな注目を浴びていないようです。長崎市は数多くの観光スポットがあるからなのでしょうね。


【関連記事】