はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

「文明堂総本店」(長崎市)に買い物に行って、お年賀のお菓子を貰ったこと

長崎の人の話によると、長崎には数多くのカステラの会社があるということです。贔屓のカステラ会社がある家庭は少なくないのではないかと推測します。

とはいえ、関東の住民である私にとっては、カステラといえば文明堂のカステラです。このことは、他の多くの人にも該当するのではないかと思います。逆に、カステラの会社の名前で、他の会社を思い浮かべる人は少数派ではないかと思います。このような状況は、文明堂のテレビCMが創りだしたのだと思います。「カステラ一番、電話は二番、三時のおやつは文明堂」という歌と、仔グマのダンスで有名なCMです。


長崎旅行では、文明堂の創業の店である「文明堂総本店」が行動範囲にあったので、行ってみました。

文明堂総本店」の最寄りの電停は、大波止駅です。大波止という名前には、海の香りを感じる人がいらっしゃると思います。近くは、長崎港フェリーターミナルがありますので、その推測は正解です。ちなみに、私が参加した軍艦島クルーズ(ヤマサ運輸)もここから出向しました。


先ほど調べてわかったことは、仔グマのダンスのCMは、関東に進出した文明堂が作ったようであり、「文明堂総本店」とは直接の関係はないことです。記載が面倒になること避けるために、以下では、この件について触れないことにします。


文明堂総本店」に行って分かったことは、その日が初売りの日であったことです。いつもとどのように違うのかは分からないのですが…、お年賀のお菓子をいただきました。

購入したもの一つは、カットしたカステラが5個?簡易な箱に入っているものでした。旅においては、昼食がタイムリーに取れないことが多いので、重宝しました。

店の雰囲気と店員さんの対応は、多くの老舗と同じように、良質のものでした。小城羊羹の「村岡総本舗」の本店(佐賀県小城市)に感じたものと同じものがありました。


長崎旅行で残念だったことは、「文明堂総本店」以外のカステラを食べられなかったことです。旅行中には、他の会社の製品を幾つか見かけたのですが、「文明堂総本店」にあったような、カットした形になったものではありませんでした。それぞれの会社の本店に行けばあるのかもしれませんが、私にはその余裕がありませんでした。理想を言うならば、複数の会社のカステラが、カットした形で詰め合わせになっているものがあれば嬉しいのですが…。


【関連記事】