はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

関東における大雪(2014年2月8日〜9日)などについて

関東では、昨日(2014年2月8日)から今日にかけて大雪が降りました。


南関東の県庁(都庁を含む)所在地では、千葉市が一番、最大積雪量が多かったようです。データを調べると、今日の未明には33センチを記録していました(2:00〜5:00)。この積雪量は、統計開始(1966年)から最多となるようです。なお、埼玉県については、県庁所在地において雪に関する観測をしていないので(観測地点:熊谷、秩父)、該当する情報は分かりません。

千葉県における雪に関する観測地点は、千葉市銚子市だけです。このため、他の自治体における最大降雪量は分かりません。それから、千葉市の観測所は千葉港の近くにあります。したがって、他の自治体(千葉県以外を含む)や、千葉市の郊外では、もっと積もっていた場所があると思います。


大変な事態になっていることを私が実感したのは、24時過ぎに、家(集合住宅)の玄関の扉を開けようとした時です。かなり重いなぁと思いながら開けて分かったことは、積もっていた雪が邪魔をしていたということです。私の家は1階ではないのですが、廊下が外に面しているために、雪が吹き込んできて積もったのでした。

朝、少し遅く起きて、初めて気がついたことは、雪かきのスコップが地面を削る?音でした。集合住宅の前の道には、雪がかなり積もっていました。道が奥まったところにあるので、除雪車は入っていませんし、通行量も少ないからです。

現時点(2014年2月9日 13時)では、車を運転するのが難しい状態だと思います。また、歩くときにも、かなり注意する必要があります。夜になってからの外出は控えておいた方が良さそうです。また、夜になると凍結すると思いますので、週明けの月曜日には、注意して出勤をしなくてはならない人が、多くなりそうです。

お昼は、行きつけの店ではなく、「すぐ近くの店」に行きました。行きつけの店は、昨日のお昼でさえ、閉まっていたからです。その「すぐ近くの店」は、いつもは、ほとんど行くことはありませんでした。大繁盛しているために、とても混んでいるので、食事にありつけるまでに時間がかかるからです。でも、今日は、人通りが少ないために空いていて、私にとっては良かったです。


さて、昨日は、雪の情報を得るために、21時にNHKを付けてみました。すると、予想通り、冬季オリンピックが放送されていました。テロップで降雪の交通機関の情報について流していたので、最低限のことはしてはいるのですが、NHKらしいと思いました。

NHKは、自分に重要なコンテンツを再優先してしまうことがあります。例えば、正月の2〜3日における夜のスポーツニュースのトップが、大リーグにおけるキャンプ情報である年がありました。関東地方ならば箱根駅伝が最優先だと思うのですが、箱根駅伝日本テレビが独占中継をしているのに対して、大リーグはNHKBSにおける重要なコンテンツだからです(宣伝をする必要があるということです)。

昨日については、21時から5分位でも大雪関係のニュースを流したらよかったと思いました。しかし、何で大雪がニュースになるんだと、他の地方の人から批判がくると思いますので、難しいところです。それなら、関東地方だけに流せばいいのですけど、NHKの事情としては、そうもいかなかったのかもしれません。

NHKについては、地方を旅行する際には、よく観ます。地域の話題が放送されますし、民放の数が少ない地域においては貴重な情報源になるからです。でも、自宅においては、ほとんど観ません。今年になってNHKをつけたのは、昨日が初めてのような気がします。

南関東においても、地方向けの放送がされるのですが、それは、関東全域向けの放送です。これが、県内のことが話題にされる他の地方とは、決定的に違うところです。このため、唯一、非常に役に立つと感じているのは、悪天候(台風、大雪)に対する情報です。

しかしながら、昨日は、NHKは、存在意義をアピールする機会を逸してしまったようです。ちなみに、私はNHKで情報を得られなかったあと、PCにおいて、ウエザーニュースのライブ放送(SOLIVE24)から情報を得ました。そして、そのあとは、大雪に関して、テレビを観ることはありませんでした。このようにして、テレビ離れが進むのでしょうね。