はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

「恋するフォーチュンクッキー」がオリコンのトップ50に連続で入った週数は、27週で確定した件

私はロングヒット曲を知るための指標として、シングルの週間売上げチャート(オリコン)のトップ50に、初週から連続して入っている週の数を使っています。

恋するフォーチュンクッキー」については、先々週(2014年2月17日〜23日)にその記録を27週に伸ばしました。しかし、今週(2月24日〜3月2日)は50位内に入らなかったので、この曲の記録は27週で止まりました。

以下に、2010年代に発売された曲について、20週以上を記録した曲を表にします。

順位 初週から連続週(50位以内) アーティスト 発売日 50位以内の回数
1 44 ヘビーローテーション AKB48 2010年08月18日 45
2 37 マル・マル・モリ・モリ 薫と友樹、たまにムック。 2011年05月25日 37
3 27 恋するフォーチュンクッキー AKB48 2013年08月21日 27
4 26 Gee 少女時代 2010年10月20日 27
5 25 ありがとう いきものがかり 2010年05月05日 35

恋するフォーチュンクッキー」は、第3位になりました。他の曲が発売された年は、2010年と2011年ですから、最近では稀なロングヒット曲になりました。


さて、連続週が途切れる要因には、分かりやすいものとしては、売り上げの減少があります。「恋するフォーチュンクッキー」は、2月に入ってからの3週間(第25〜27週)においては、売上数が3000枚を切りましたので、以前ほどの売り上げはなくなっていました。

しかしながら、要因はこれだけではありません。その週に発売された曲(以下、新譜)に強い曲が多い場合には、先週までに発売された曲(以下、旧譜)の中で、通常ならばトップ50に残るはずの曲が、弾き出されることがあります。先週の50位の曲*1の売り上げは、2369枚でした。通常は、2000枚売れていればトップ50に入れますので、先週は閾値が高かったようです。

参考までに、今年になってからの各週(全8週)において、トップ50に入っている旧譜の数を、表に示します。「恋するフォーチュンクッキー」の旧譜における順位と、全体(新譜、旧譜)における順位も示します。

週   旧譜の数(50位内) 「恋チュン」の順位(旧譜) 「恋チュン」の順位
1月6日〜 33 12 20
1月13日〜 34 6 16
1月20日〜 24 10 20
1月27日〜 20 6 31
2月03日〜 24 13 31
2月10日〜 28 14 32
2月17日〜 25 15 36
2月24日〜 18 - -

1月13日からの週と、1月27日からの週における、「恋するフォーチュンクッキー」の順位を見れば、新譜の強さが順位に影響することがよく分かります。両方の週において、この曲の旧譜内の順位は、6位でした。しかしながら、全体の順位では、それぞれ、16位と31位であり、かなり違います。これには、1月13日からの週において、旧譜が強かった(旧譜:34曲)のに対して、1月27日からの週においては、新譜が強かった(旧譜の数:20曲)ことが大きく影響しています。

先週(2月24日〜)は、旧譜の数は18曲であり、今年では1番少ないです。このため、「恋するフォーチュンクッキー」と同様に、トップ50から押し出された曲が数曲あると推測します。


−−−以上−−−−

*1:「AinoArika/愛すればもっとハッピーライフ](Hey!Say!JUMP)