はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

「恋するフォーチュンクッキー」と、きゃりーぱみゅぱみゅ が、「SPACE SHOWER Music Video Awards 2013」の特別賞を受賞した件

恋するフォーチュンクッキー」(AKB48)と、きゃりーぱみゅぱみゅ が、「SPACE SHOWER Music Video Awards 2013」の特別賞を受賞しました。

それぞれの受賞理由は、以下のものです。


恋するフォーチュンクッキー

約4000人のエキストラの協力のもと、選抜総選挙で1位の指原莉乃をセンターにAKB48が圧巻の大パレード。まさに時代を象徴するアーティストであり、老若男女問わず広く愛されるAKB48だからこその演出。さらに「みんなで踊れる」振り付けがインターネット投稿サイトに複数アップロードされ、国内外問わず様々な地域、そして企業や官公庁までを巻き込んで社会現象となったことから、従来のミュージックビデオの定義を大きく超えて世の中に影響を与えた作品として特別賞の贈呈を決定しました。

WINNERS | MVA - SPACE SHOWER MUSIC VIDEO AWARDS


きゃりーぱみゅぱみゅ

2013年にリリースしたミュージックビデオは「ふりそでーしょん」「にんじゃりばんばん」「インベーダーインベーダー」「もったいないとらんど」の4作品。デビュー以来楽曲毎のテーマに合った作品を発表し、どれもが新しい表現と驚きで大きな話題を集めてきました。オリジナリティー溢れる衣装、華やかな色使いの美術装飾、独創的な振り付けで多くの人々を魅了し、ジャパンカルチャーを世界に広めた功績に敬意を表して特別賞の贈呈を決定しました。

WINNERS | MVA - SPACE SHOWER MUSIC VIDEO AWARDS


受賞対象が、曲である「恋するフォーチュンクッキー」と、アーティストである「きゃりーぱみゅぱみゅ」であることには、違和感を感じた方がいらっしゃると思います。しかしながら、AKB48と きゃりーぱみゅぱみゅ が去年にリリースした曲の再生数を見るならば、納得されると思います。再生回数などを、表にします。

発売日 再生回数 公開日 公開日数 換算した再生回数
AKB48
So long ! 2013年2月20日 1,022,747 2013年5月21日 292 455333
さよならクロール 2013年5月22日 3,808,252 2013年8月20日 201 2463049
恋するフォーチュンクッキー 2013年8月21日 30,513,867 2013年10月30日 130 30513867
ハート・エレキ 2013年10月30 1,479,778 2013年12月10日 89 2161473
鈴懸なんちゃら 2013年12月11 140,834 2014年2月25日 12 1525702
きゃりーぱみゅぱみゅ
ふりそでーしょん 2013年1月30日 16,393,422 2013年1月9日 424
にんじゃりばんばん 2013年3月20日 29,952,888 2013年3月11日 363
インベーダーインベーダー 2013年5月15日 18,324,140 2013年5月6日 307
もったいないとらんど 2013年11月6日 10,558,626 2013年10月23日 137

AKB48の場合は、「恋するフォーチュンクッキー」の再生回数が、他の4曲に較べて圧倒的に多いです。この曲の現在までの公開日数は130日と少ないです。それにももかかわらず、再生数が約3050回になっていますので、半年後には、5千万回を超えている可能性があると予想します。

他の曲の再生回数は、公開日数の違いを考慮して換算すると、この曲の1割以下です。4曲の再生回数を合計しても1000万回に達しません。したがって、受賞対象を「恋するフォーチュンクッキー」とするのが妥当です。

きゃりーぱみゅぱみゅ の場合は、「にんじゃりばんばん」の再生回数が、約1年で約3000万回になりました。現時点では、「恋するフォーチュンクッキー」と同程度の再生回数となっています。AKB48との違いは、他の曲のMVの再生回数も1000万回を超えており、かなり多いことです。したがって、こちらは、1作品を受賞対象とするよりも、きゃりーぱみゅぱみゅ を受賞対象にすることがふさわしいと思います。


恋するフォーチュンクッキー」について特筆すべきことは、受賞理由にもあげられていますように、本人(AKB48グループの選抜メンバー)以外が出演するMVが、多数作られていることです。MVを作っている団体は、企業、自治体、学校など多岐にわたります。それらは、AKB48公式チャンネルに登録されているものだけでも、60本を超えています。その約60本のMVの再生回数を合計すると、5000万回(6000万回 2014年3月16日 訂正)に達します。公式MVと合わせるならば、8000万回(9000万回 2014年3月16日 訂正)も再生されていることになります。


【関連記事】


−−−以上−−−