はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

都内の数カ所で桜を見ました。

今日は、都内の数カ所に桜を見ました。昨日は大雨/大風であったために、散ってしまったかもしれないと心配しましたが、大きな問題はなかったようです(明治神宮外苑については不明)。


具体的に行ったところは、明治神宮外苑、靖国神社千鳥ヶ淵小石川後楽園、播磨坂さくら並木、東京ミッドタウンでした。明治神宮外苑から靖国神社に向かう際に、中央線(信濃町->市ヶ谷)を使った以外は、東京メトロと徒歩で移動しました。

最初の予定では、明治神宮外苑に行った後に、信濃町からの中央線を飯田橋で降りて、小石川後楽園へ行くつもりでした。しかし、車窓からの桜がキレイでなので、市ヶ谷で降りてみました。すると、靖国神社と、千鳥ヶ淵が意外に近いことが分かったので、この2箇所に寄り道をすることにしました。この2箇所は、平日のお昼ごろなのにもかかわらず、かなり混んでいました。

なお、上には書きませんでしたが、市ヶ谷駅から新見附橋にいたる川?の右側にある遊歩道における桜は綺麗でした。


今回、桜見物に行ったところは、桜の名所を紹介する以下のサイトにおいて、昨日の時点で「5〜7分咲き」以上になっていたところでした。私が全く知らなかったところは、播磨坂さくら並木(最寄り駅:茗荷谷東京メトロ丸ノ内線])でした。名前は、松平播磨守の上屋敷があったことから付けられたとのことです。上下車線を分ける中央部が緑道になっており、桜を愛でながら歩くと、いい感じです。


今回、桜を見るべきところが、あまり分からなかったのは、明治神宮外苑でした。以下のページの写真にある大きな桜は分かりました。でも、これだけではないとは思います。もう少し遅く行けば、見物客が多くなって、他のところも分かったのかもしれません。


今回は、平日の昼間に花見に行きました。土曜日に六義園(最寄り駅:JR駒込)に行ったところ、入場券を買うまでに10分もかかったからです(16:00頃)。現在はライトアップをしており、しだれ桜が綺麗でした。


−−以上−−