はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

「笑っていいとも!」の後継番組である「バイキング」の視聴率が不調な件

笑っていいとも!」の後継番組である「バイキング」の視聴率が不調のようです。

初日である4月1日(火)の視聴率は6.3%であり、及第点の範囲だっと思います。しかし、徐々に視聴率を落とし、初日と同じMC担当日であった4月8日(火)では、4.4%となりました。初日における6.3%という視聴率は、ご祝儀相場により高かった結果であり、この日の視聴率の方が、この番組に見合った数値に近いと思います。

裏番組である「ヒルナンデス」(日本テレビ)のこの日の視聴率は7.0%、「ひるおび」(TBS)は6.7%なので、2%以上の差がありました。「徹子の部屋」の視聴率は3.7%であり、「バイキング」よりは低かったです。しかし、「徹子の部屋」はゲストに依存するので、この日はたまたま低かった可能性があります。現時点で推測するならば、テレビ東京を除いた民放4局のこの時間の視聴率では、「バイキング」は3位または4位になることが多くなると思います。


笑っていいとも!」は、この時間帯では一人勝ちの時代がありました。その時代においては、会社などで複数の人が観るテレビでは、ほとんどの場合、この番組が観られていました。しかしながら、最近は、他の番組が見られるところも増えてきたようでした。そのように他の番組の実力と人気が高まってきた時期に、あまり企画が練られていない番組が登場すれば、厳しい現実になることは、フジテレビ関係者以外にとっては、明白なことであったと推測します。

それでも、曜日替わりのMCの人選によっては、どうにかなったかもしれません。しかしながら、「笑っていいとも!」のレギュラーは、意図的に避けたようです。そうなると、人材不足になってしまうのは、必然のことです。

水曜日から金曜日を務める おぎやはぎフットボールアワー雨上がり決死隊は ともかくとして、月曜日を務める坂上忍と、火曜日を務めるEXILEの2人は、未知数の人達です。それから、曜日別のレギュラーをみると、関口メンディー(GENERATIONS)とAmi(E-girls・Dream)というExile系の二人がおり、広く人材を集めた感じからは遠いです。

しばらくは、視聴者に、MCとレギュラーのファンの割合が多い番組になると推測します。その間に番組としての面白さが出てくれば、成功すると思います。しかし、あまり時間は残されていないように思います。

笑っていいとも!」のレギュラーは、今季は裏番組に出演をすることを避けたようです。しかし、10月からの番組編成では、違う選択をする人もいると思います。例えば、爆笑問題が裏番組のレギュラーになるならば、そちらに興味を人はいると思います。もちろん、彼らが「バイキング」のレギュラーになる可能性もあります。


笑っていいとも!」が始まったのは、31年半前だそうです。私は、当時のことを覚えていませんが、初めからその最盛期のような人気ではなかったのだろうと推測します。したがって、「バイキング」の始まりの視聴率が高くなくても、叩くことは妥当ではないと思います。現時点で確実に言えることは、「笑っていいとも!」の愛好者の受け皿にはならなかったらしいということだけです。


−−−以上−−−