はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

第6回AKB48選抜総選挙の順位予想(速報後)

第6回AKB48選抜総選挙AKB48 37thシングル 選抜総選挙)の投票の締め切りまで、わずかになって来ました(開票:6月7日(土)夜)。


今回は、今までのAKB48選抜総選挙とは違って、かなり“きな臭く”なっています。原因は、AKB48劇場支配人である湯浅さんの発言(5月23日)です。マイナビニュースによる記載を引用します。

続いて23日、31人がランクインしたAKB48の湯浅支配人が「NMB48の金子支配人が速報について触れられてしましたが、わがAKB48としても速報の結果に決して満足はしておりません」とコメント。「2005年12月8日にこの劇場からスタートしたAKB48は、数々の山を越えてきました」と振り返り、「僕の想いとしてはその山をまた1つ越えていきたいと思いますし、AKB48の支配人としてはぜひとも博多から1位を奪還したいと思っております」「なんとか博多から1位を奪い返す! これに尽きると思います」と"打倒・指原莉乃"を宣言した。

AKB48の湯浅支配人、"打倒・指原莉乃"を宣言「博多から1位を奪い返す!」 | マイナビニュース

指原莉乃HKT48)が1位になるとするとマズイとして、渡辺麻友AKB48)への箱推し投票を誘導する発言は、中立地で行われているサッカーの試合ならば、PKレベルだと思います。しかし、AKB48選抜総選挙は、AKB48のホームで行われるイベントですから、イエローカードにもならず、観客も問題性に気がつかないふりをしたということだと思います。

今までは、AKB48はホームのアドバンテージを使ってこなかったのですが、去年トップであった指原莉乃が、速報でトップになったので、使わざるをえない状態になったのだと思います。

この他に、フジテレビが地域間の争いを煽っています。一見、公正のように見えますが、それぞれの地域の人口を考えれば、誰に有利で、誰に不利かは明らかです。


さて、この発言の是非は、ある意味で私にはどうでもいいことです。私が困ることは、この発言の結果として増える渡辺麻友の得票を推定できないと、1位が誰であるかの予測ができないということです。

この票(以下、アドバンテージ票)が100票であれば、結果には大きく影響しないと思います。反対に、100万票になれば、週刊文春でさえ、指原莉乃の肩を持つ記事を書く事態になると思います。私は、アドバンテージ票は、かなりの確率で、この中間の票数になると思います。私には上手く推測できないので、深い根拠もなく、「2万票」と仮定しました。

この仮定に基づく順位予想の概要は、以下の通りです。

順位予想を以下に示し、その後に説明を加えます。

予想順位  名前 速報順位 速報得票数 順位(去年) 得票数 速報順位(去年) 速報投票数 速報からの伸び(去年)
1 指原莉乃 1 37582 1 150570 1 28516 5.28
2 渡辺麻友 2 25283 3 101210 2 14868 6.81
3 柏木由紀 4 17266 4 96905 5 12875 7.53
4 松井珠理奈 3 23012 6 77170 4 13639 5.66
5 松井玲奈 6 14897 7 73173 6 12163 6.02
6 島崎遥香 5 15514 12 57275 7 11817 4.85
7 山本彩 7 14798 14 51793 13 8061 6.43
8 高橋みなみ 13 9005 8 68681 18 6596 10.41
9 小嶋陽菜 17 8177 9 67424 20 6495 10.38
10 宮澤佐江 16 8273 10 65867 12 8560 7.69
11 横山由依 12 9505 13 53903 9 10596 5.09
12 須田亜香里 18 8114 16 43252 11 8750 4.94
13 松村香織 9 12190 24 27566 17 6603 4.17
14 宮脇咲良 20 7963 26 25760 61 2481 10.38
15 渡辺美優紀 25 6276 15 44116 10 9123 4.84
16 北原里英 15 8584 21 33121 38 3502 9.46
17 柴田阿弥 8 12340 17 39739 8 11513 3.45


【1位〜7位】

1位から7位までは、速報における7位までのメンバーが占めると予想しました。序列は、去年の選抜総選挙の順序と同じです。具体的には、指原莉乃渡辺麻友柏木由紀松井珠理奈松井玲奈島崎遥香山本彩の順です。

指原莉乃を1位、渡辺麻友を僅差の2位に予想したことには、両陣営に対する評価が入ってくるので、現時点では説明を控えておきます。なお、この予想は、渡辺麻友に加わるアドバンテージ票が2万であるという仮定において行ったものです。もし、3万票ならば違う結果になる可能性が高いと思います。

松井珠理奈は、速報では、柏木由紀を抜いて3位になっています。しかし、松井珠理奈の去年の速報からの伸びは、5.66倍であり、柏木由紀の7.53倍に比べて小さいです。最終的には、今年もと同様に、逆転が起きる可能性の方が高いとしました。なお、柏木由紀に懸念があるとすれば、同郷(鹿児島)の宮脇咲良に票を奪われることです。しかし、大きな影響はないと考えます。

島崎遥香は、速報では松井玲奈を抜いて5位になっています。しかし、島崎遥香の去年の速報からの伸びは、4.85倍であり、柏木由紀の6.02倍に比べて小さいです。最終的には、松井玲奈が逆転すると予想しています。

山本彩は、1位を狙うと言わされているようです。しかし、今年は上に行けたとしても、5位までだと予想します。それ以上を目指せるのは、「バイキング」において、借りた猫でなくなってからのように思います。


【8位〜12位】

8位から12位は、高橋みなみ小嶋陽菜宮澤佐江横山由依須田亜香里の順にしました。1位から12位は、去年の選抜メンバーから渡辺美優紀を除いたメンバーになっています。

小嶋陽菜[速報:17位]と須田亜香里[速報:18位]は、速報では16人枠から外れましたが、これは速報ブッコミ組が多かったからです。おそらく、これらのメンバーは順位を下げるでしょうから、二人が選抜に入る可能性は、極めて高いです。

8位と9位は、去年と同じように、高橋みなみ小嶋陽菜が入ると予想します。高橋みなみについては、あのような事件のあとですから、安定感がある彼女に頼りたいというAKB48箱推し票があると思います。湯浅支配人の渡辺麻友への投票をAKB48箱推しに促す発言がなければ、もっと上位になる可能性があったと思います。例年はスロースターターである小嶋陽菜は、今年は速報の時点において17位になっています。このことから、9位くらいには入ると予想しました。

横山由依は1年前までは、運営にかなり推されていたのですが、同期の島崎遥香に1位だけとはいえ抜かされて13位になったことにより、ストロベリーフェアは終わってしまったという感じです。また、キャプテン(A->K)になったことにより、中堅になったという感じが生まれてしまったように思います。

横山由依は、今年は、宮澤佐江の壁を越せずに11位だと思います(10位は、宮澤佐江)。11位であっても、去年よりは2位上がりましたし、AKB48のメンバーとしては6番手ですから、かなり優遇されると思います。

須田亜香里については、速報前は11位にしていたのですが、速報の票数が去年より下がったので、12位に下げました。少し危機感が欠けていたと思います。



【13位〜17位】

13位から17位は、松村香織宮脇咲良渡辺美優紀北原里英柴田阿弥の順にしました。

次点は、去年と同様に、柴田阿弥にしました。実は昨日までは選抜枠にしたのですが、次点に変えました。理由はwikipediaのページがないことです。去年、次点でしたので、作っておけば、この1年でかなり違いがあったと思います。簡単に行えることを行わないと、運が逃げてしまう可能性があります。

残りの4枠の構成は、政治の選挙のやり方で表すと、現:1、旧:1、新:2です。

上の2枠に入ると予想するメンバーは、「新人」である松村香織宮脇咲良です。松村香織は、知名度も、注目度も去年の2倍以上に増えました。SKE48のファンの感覚とは違うと思いますが、外部にいる私には、須田亜香里とともにW松井に次ぐ2人になっていると見えます。…ということで、松村香織を、12位の須田亜香里に次ぐ13位にしました。

14位は宮脇咲良HKT48)にしました。彼女は、指原莉乃AKB48グループのセンター候補として育てているメンバーだと思います。彼女は16歳であり、松井珠理奈の1年下ですから、選抜に入れば最年少になる可能性があります。彼女は速報では20位ですが、去年は、得票数が速報から10.38倍に増えましたので、今年は、16位以内入れる可能性は高いと思います。

残りの2枠に入ると予想するメンバーは、渡辺美優紀北原里英です。渡辺美優紀は文春砲を受けたことが影響して、25位と出遅れています。しかし、彼女が選抜落ちすると、NMB48の選抜メンバーは山本彩だけになりますので、それをマズイと考えるファンが出ると思います。

北原里英は、チームKの副キャプテンになったことにより、復活したという印象があります。去年は選抜落ちになり、彼女を悲しませたので、今年はファンが頑張るのではないかと思います。


私の予想通りになれば、選抜メンバーの内訳は、AKB48が7人、SKE48が4人、NMB48が2人、HKT48が2人、SHN48が1人になります。


−−以上−−