はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

トヨタの「プリウスPHV」のCMソングを、「指原莉乃 with AKB48 Team8」が歌っている件(「恋するフォーチュンクッキー」の公式替え歌)

恋するフォーチュンクッキー」(AKB48)の公式替え歌が、トヨタの「プリウスPHV」のCMソングになりました。CMは、今日(2014年6月17日)から放送されているそうです。歌っているのは、「指原莉乃 with AKB48 Team8」です。


CMは、TOYOTOWNの郵便配達員(阿部寛)の所へ、彼の妹(マツコ・デラックス)が訪ねてくるところから始まります。カリスマセールウーマンである彼女は、この街で、プロモーションイベントを開きます。このイベントが始まり、アシスタントを務める阿部寛がトランクを開けると、「指原莉乃 with AKB48 Team8」のステージが現れます。そこで歌われているのが、公式替え歌である「恋する充電プリウス恋するフォーチュンクッキー2〜」です。CMの出演者には、この他に、笑福亭鶴瓶満島ひかり西尾由佳理堺雅人樹木希林(ナレ)がいます。


AKB48の Team8のメンバーは、「AKB48 Team 8 全国一斉オーディション」によって、各県1名、選ばれました。その他に私が知っていることは、Team8をトヨタがサポートしていることでした。メンバーのお披露目(4月3日)のあと、どのような活動をしているかは知りませんでした。おそらく、ファンでない多くの人が関心を持つような活動は、このCM出演が初めてだと推測します。

Team8 のことを理解するためには、AKB48における「チーム」についての知識が、若干必要です。多くの人がAKB48と認識しているユニットは、AKB48本体とその姉妹グループ(SKE48NMB48HKT48)から、AKB48選抜総選挙によって選ばれたメンバー(16人)によって構成されます。私の認識では、「チーム」とは、各々のグループが地元にある劇場で公演を行う際の単位です。劇場以外において、チーム単位の活動(例:コンサート)をすることは、少ないように見えます。

これに対して、Team8 は、通常のチームとは若干違うようです。上の記事では、「来月5月から12月までの間に全国20カ所でイベントを開催する予定」となっているからです。Team8にはAKB48の威光があります。しかし、他にも女性アイドルグループはたくさんあります。このため、上手くいくのかなぁと懸念していた人は、少なくないと思います。

トヨタ秋元康が取った策は、「恋するフォーチュンクッキー」と、この歌でセンターを務めた指原莉乃を使うことです。彼女は「指原莉乃 with AKB48 Team8」において前面に配置されているだけではなく、のびた や、しずかちゃん と共に、TOYOTOWN(トヨタウン)の住人になっています。


今回の指原莉乃の起用は、秋元康としては、いつもの「困ったときの指原頼み」だと思います。でも、今回はそれだけではなく、トヨタの意向でもあったのだと推測します。世間では、「恋するフォーチュンクッキー」と、センターを務めた彼女の評価は高いからです。

恋するフォーチュンクッキー」は、AKB48の代表する曲になりました。この曲を通じてAKB48に好感を持ったという人や、AKB48は嫌いだけどこの曲は好きだという人がかなりいます。

この曲は、特典が付いているCDが売れるだけではなく、特典が付いていないデジタルダウンロード(itunesレコチョク)でもヒットしました。 「iTunes BEST OF 2013 トップセラーソング ランキング」では3位になっています。集計期間が年度ならば、おそらく1位になったと推測します。このことから、一般層に大ヒットした曲であることが分かると思います。

恋するフォーチュンクッキー」は、以下に示すように、カラオケでも、公式MVの再生でも人気があります。これらのことを考えると、この曲をCMソングの元歌として選んだことは、適切な選択だった思います。


恋するフォーチュンクッキー」(2013年8月21日発売)は、カラオケjoysoundの2014年上半期ランキングにおいて、1位になりました。この曲は、joysoundで配信されるとすぐに週間1位になりました。その後、最近まで1位であり続け、結局、35週連続の1位になりました。なお、公表された上半期ランキングの30位にまでに、AKB48の他の曲はありません。もちろん、「ヘビーローテション」も入っていません。

この曲の公式MV(Youtube)は、今日の午前中の時点で、44,559,547 回再生されています。4500万回近く再生されていることは、公開されてから、230日しか経っていないことを考えるならば、驚異的です。自治体、企業、学校が作ったMVの再生回数を足し合わすならば、1億回に近くなっているかもしれません。

ちなみに、AKB48の公式MVの再生回数のトップは、「ヘビーローテション」(105,095,177 回)です。このMVが1億回再生されるには、1264日必要でした。「恋するフォーチュンクッキー」の再生回数は、現時点(2014年6月17日)では、「ポニーテールとシュシュ」(52,464,556 回)に次いで3番目になっています。


Team8 は、「プリウスPHV」において、指原莉乃と組んで、「指原莉乃 with AKB48 Team8」となりました。今後のことについては、現時点では分かりません。

このCMの発表会/記者会見に指原莉乃と登場したTeam8を観て、可愛い子がいると思った人もいるようです。しかしながら、芸能界は可愛いだけではやってけるような世界ではありません。この際のTeam8のあり方を観て、指導者が必要だと感じた人は少くなくないようです。

Team8は47人なので、指原莉乃を加えて48人とすればいいと考えた人もいるようです。それらの人は、彼女がHKT48に対して貢献したことと同様のことを期待しているようです。しかし、彼女は多忙ですし、HKT48の劇場支配人という重責がありますので、今のままの役職のままでは難しいと思います。できるとしても、アドバイザー的な役割くらいだと思います。

また、指原莉乃のファンの中には、時間があるならば、AKB48本体のために使うよりは、HKT48のためや、今までは抑制されていた個人活動に使って欲しいと考えている人がいると思います。でも、それだけではありません。

AKB48劇場支配人である湯浅さん(修正:2014年6月18日)は、彼女がAKB48選抜総選挙において連覇をすることを好ましくないとして、AKB48本体の箱推し票を渡辺麻友に誘導しました。このことがあるので、彼女に明らかなメリットがある場合以外は、AKB48本体に対して貢献を求めることは不自然です。なお、今回のCMの件は、彼女にも大きなメリットがあります。彼女も、彼女のファンも喜んだと思います。


−−−以上−−−