はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

カラオケDAM (第一興商)の2014年上半期ランキング  (joysoud との比較)

カラオケDAM(第一興商)の2014年上半期ランキングが発表されました。調査期間は、今年の1月1日から6月30日です。


第1位は、「恋するフォーチュンクッキー」(AKB48)です。去年の8月21日に発売されたこの曲は、カラオケで配信されると直ぐに週間ランキングのトップになり、年を越して最近まで、トップにあり続けていました。

第10位までを、以下に示します。比較のために、joysoundにおける順位も記載します。

順位 タイトル 歌手名 発売日 順位(joysound)
1 恋するフォーチュンクッキー AKB48 2013年8月21日 1
2 南部蝉しぐれ 福田こうへい 2012年10月24日 31位以下
3 Let It Go〜ありのままで〜 松たか子 2014年(アルバム) 21
4 ハナミズキ 一青窈 2004年2月11日 6
5 女々しくて ゴールデンボンバー 2009年10月21日 3
6 残酷な天使のテーゼ 高橋洋子 1995年10月25日 4
7 栄光の架橋 ゆず 2004年7月22日 8
8 小さな恋のうた MONGOL800 2001年9月16日 7
9 千本桜 WhiteFlame feat.初音ミク 2012年?(アルバム) 2
10 奏(かなで) スキマスイッチ 2004年3月10日 11


恋するフォーチュンクッキー」がトップであるのは、既に発表されているjoysoundのランキングと同様です。この曲を含めて、トップ10に入った曲は、joysoundと7曲が共通です。


joysoundランキングとの大きな違いは、2位の「南部蝉しぐれ」(福田こうへい)と、3位の「Let It Go〜ありのままで〜 」(松たか子)です。「南部蝉しぐれ」は、joysoundで公表されている30位までには入っておらず、「Let It Go〜ありのままで〜」は、joysoundでは21位です。

この違いは、2つのカラオケランキングの傾向の違いだけではなく、joysoundの集計期間がDAMよりも早く終わったことが影響していると思います。「Let It Go〜ありのままで〜」は今年になって配信された曲であり、「南部蝉しぐれ」のCD発売は一昨年(2012年10月24日)ですが、カラオケにおいて大きな人気を得たのは去年後半になってからです。このため、joysoundの集計では順位が低くなったと推測します。


この3曲とは反対に、joysoudではトップ10に入りながら、DAMではトップ10から外れた曲は、12位の「RPG」(SEKAI NO OWARI)[joysound:9位]、15位の「恋音と雨空」(AAA)[joysound:10位]、31位の「紅蓮の弓矢」(LinkedHorizon)[joysound:5位]です。「RPG」と「恋音と雨空」の順位は、ほぼ同じですが、「紅蓮の弓矢」の順位は、かなり違います。 joysoundの月間ランキング(5月)を見たころ、「紅蓮の弓矢」は27位になっていますので、カラオケ人気は最近では落ちているのかもしれません。

この他、joysoundでは圏内(30位以内)に入っていた「ライオン」(May'n/中島愛)[joysound:22位]、「潮騒のメモリー」(天野春子(小泉今日子))[joysound:25位]、「ヒカリヘ」(miwa)[joysound:27位]は、DAMでは圏外(51位以下)になっています。


−−以上−−