はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

『2014上半期タレント番組出演本数ランキング』(ニホンモニター)、特に女性タレントについて

『2014上半期タレント番組出演本数ランキング』(ニホンモニター)が発表されました(2014年7月15日)。男性タレントの1位は設楽統(バナナマン)[349番組]、女性タレントの1位(総合18位タイ)は大久保佳代子(オアシス)[215番組]でした。

設楽統は、一昨年と去年の年間ランキングにおいても総合1位でした。Yahoo!Newsのトップニュースとなったオリコンの記事では、彼と共に、躍進した坂上忍(総合/男性タレント:16位タイ)に焦点を当てていました。

ニホンモニターによる元記事を見た際には、何故、設楽統がトップなのかが分かりませんでした。でも、オリコンによる記述を読んで、何故、私が分からないのかが、分かりました。彼は、3つの番組(「ノンストップ!」、「奇跡体験!アンビリバボー」、「世界にひとつ ミラクルレシピ!」)においてMCを務めているのですが、私はどの番組も見ていないからです。同時に、上位に女性タレントが入っていない理由も分かりました。MCをするタレントには、男性の方が多いからです。


以下、女性タレントのトップ10について記します。説明に必要な2012年と2013年の順位も、表に記します。

順位 タレント名 出演番組数 グループ出演 順位(2013年) 順位(2012年)
1 大久保佳代子 (オアシス) 215番組 33   4
2 近藤春菜 (ハリセンボン 211番組 186   1 1
3 小島瑠璃子 201番組   7
4 関根麻里 196番組   5 3
5 箕輪はるか (ハリセンボン 194番組 186   2 2
6 黒柳徹子 171番組   9
7 SHELLY 169番組   5
8 ベッキー 166番組   6 4
9 指原莉乃 (HKT48) 162番組 53  
10 西川史子 157番組  

女性タレントにおけるトップ3は、大久保佳代子[215番組]、近藤春菜ハリセンボン)[211番組]、小島瑠璃子[201番組]です。
1位となった大久保佳代子は、去年の4位からの上昇です。最近は、女性タレントが多数出演する番組において、MCとしてよく見かけます。

2位になった近藤春菜は、過去2年の年間ランキングでは1位でした。彼女は、相方の箕輪はるか(5位)と共に出演する番組が多いです。211番組の中の186番組がこれに該当します。私が時々覗く番組では、テレビ東京の朝の番組である「おはスタ」にレギュラー主演しています。ソロとしては、NHK朝ドラ「花子とアン」に出演していました。

小島瑠璃子については、私は名前を知っていますが、彼女と認識して番組で観たことはありません。私が観ないような番組に出演しているのだと思います。調べてみると、「ヒルナンデス」のレギュラー(水曜)を務めていました。


4位から8位に入った5人は、過去2年の年間ランキング(トップ10)の少くてもどちらかに入っています。2年ともに入っている関根麻里箕輪はるかベッキーについては、私が説明する必要はないと思います。黒柳徹子については、平日(5日間)は、「徹子の部屋」に出演していますので、このランキングでは安定して上位に入っていると思います。SHELLYについては調べたところ、「ヒルナンデス」の火曜レギュラーのようです。


9位と10位は、指原莉乃HKT48)[162番組]と、西川史子[157番組]でした。この2人共に、過去2年の年間ランキングには入っていません。指原莉乃の方は、2012上半期において、8位(170番組)になっています。

西川史子については、「サンデージャポン」のレギュラーであることくらいしか知りませんので、以下では記しません。

指原莉乃の出演番組が多いのは、共演者の中で自分の役割を上手く見い出すことができるためだと思います。しかも、他のアイドルとは違い、他の共演者がお姫様扱いをする必要がありません。芸能界の大御所(タモリ、さんま、爆笑問題、…)や文化人に十分なリスペクトを示すことができると同時に、気後れなく、普通に会話を成立させることが出来ます。また、周りの人を活かすことができるために、AKBグループ48の番組やHKT48の冠番組(「恋愛総選挙」、「HKT48のおでかけ!」)では、MCを務めています。


MC能力が文章に出て来ましたので、話を始めの方に戻しますと…、売れっ子タレントになるためには、MC能力が非常に有用な時代になりました。タレント番組出演本数ランキングの上位にランキングされるためには、それを備えたタレントが有利です。


−−−以上−−−