はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

号泣元議員に発想を得て、作成されたのかもしれないTシャツに関して驚いたこと

号泣議員と呼ばれた野々村氏については、私がとやかく言うことはありません。彼は元・兵庫県会議員であり、私は兵庫県民ではないからです。仮に、彼が経費の不正支出をしており、兵庫県が被害を受けてたとしても、兵庫県のローカルマター(local matter)です。

本来ならば、私はこの件を知る必要はありませんでした。しかし、この件が海外メディアに放送されるような事態になったので、知ってしまったにすぎません。もちろん、この件の影響で、都道府県の議員のあり方が良い方向に向かうのならば、望ましいことです。


彼自身のことは“ともかく”として、彼のことに発想を得て作成されたらしい、amazonに出品されたTシャツに関して、凄いなぁと思ったことは、書いておこうと思います。なお、このTシャツを作る際に彼の許可を得たのだろうとか、彼にどれだけ支払われるべきかということは、私の関知しないことです。

Tシャツには、彼に似た人物のイラストが描かれています。その人物は、右手を右耳に当てており、イラストの上には「耳をすませば」というキャプションがあります。

耳をすませば」といえば、同名タイトルの映画(1995年公開、スタジオジブリ)を連想させます。この映画と野々村氏の関連性は分かりません。おそらくないと推測はしています。なお、私は、「耳をすませば」と聴いて、山形の紅花が出て来た映画を思い浮かべたのですが、それは「おもひでぽろぽろ」(1991年公開)という映画でした。


さて、私が驚いたことは、「耳をすませば」というキャプションの上にマウスを置くと、周辺が拡大された画像が右側に示されることです。それを見ると、キャプションの下に「野々村議員プロデュース・脚本・監督作品」と書いてあるのが分かります。

私は、この技術自体は知っていました。でも、このような技術を組み込んだ画像が、amazonでは貼り付けられることには、驚きました。なお、通常の商品における画像には、このような技術は組み込まれていません。例えば、「耳をすませば」のDVDにおける画像は普通のものです。

(画像:http://ecx.images-amazon.com/images/I/51bQ7qxqDDL._SL500_AA300_.jpg


−−以上−−