はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

血液型と性格は関連がないことが統計的に示された件

血液型と性格は関連がないという統計的な解析結果が発表されたそうです。


読売新聞の記事によると、この研究は九州大学の縄田健悟講師(社会心理学)によるものです。論文は、日本心理学会の機関誌「心理学研究」(2014年6月25日発行)に掲載されたそうです。具体的には、日米の1万人以上を対象にした意識調査のデータを分析したそうです。


日本心理学会のページにおいて調べてみると、機関誌「心理学研究」のVol.85 No.2 に掲載されていることがわかりました。この号の目次と、論文のabstract は、以下のurl です。なお、abstractは英語ですが、論文自体は日本語で書かれているようです*1

目次:http://www.psych.or.jp/publication/journal085_2.html
論文:http://www.psych.or.jp/publication/journal_pdf/8502/8502_05.pdf


血液型の違いは何が違うかを理解している人にとっては、それによって性格の違いが生じると思いにくいと、私は考えてしまいます。しかし、実際には、そのことを知っていても信じる人がいるのですから、不思議です。このような状況になっていたのは、一旦広まってしまったことを、否定することが難しいからだと思います。特に、存在しないことを示すことは難しいようです。

今回は理科的になアプローチではなく、統計的に証明したところに、上手く行った要因があると思います。


−−以上−−

*1:ネットで何故か見つかりました。