はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

W杯敗退の検証を日本サッカー協会は行うべきであり、次期代表監督候補としては日本人も検討するべきなこと

Yahoo!Newsのトップニュースに、「なぜW杯敗退の検証を行う前に次期監督が決まるのか?」という記事がなりました。元記事は、「THE PAGE」です。


ワールドカップの周辺だけサッカーに関心を持った人の多くにとっては、サッカーはエンタメの一部だと思います。「感動をありがとう」と言ったあとは、関心が他のことに移った人が大部分だと思います。

しかし、多くのサッカーファンは、サックジャパンの何が問題だったかを検証するべきだと思っているはずです。ワールドカップは参加するだけが目的ではありません。その結果を解析することにより、日本サッカーのこれからの進み方を、必要であれば変えるキッカケにするべきだからです。

特に、ザックジャパンの場合は、本大会に向けたコンディション作りと、ザッケローニの采配が間違っていただけなのか、そもそもザッケローニが実現不可能なことを目指しており、そのことを本大会前に気がついたのかを、検証する必要があります。


記事の中では、「日本人の代表監督は日本人であるべき」というイビチャ・オシム氏(元日本代表監督)の意見についても書かれています。これには私も同意します。何故ならは、最近の外国人監督(ジーコザッケローニ)には、少くても、2つ問題があったと私は思います。

一つは、本大会に向けたコンディション作りを失敗したとうことです。ザックジャパンについては確証はありませんが、ジーコジャパンについては明らかです。

そして、もう一つは、日本代表の実力を過大評価したことです。日本と親善試合などを行う外国チーム(アジアを除く)は、コンディションがそれほど良くない状況で、試合に臨みます。サッカー好きの日本人ならば、日本が親善試合に強い理由をよく理解しているはずです。しかし、外国人監督は、試合結果を日本代表の本当の実力と見なしてしまう可能性があります。

残念ながら、そのことに気がつくのは、大会直前です。その結果として、今回は、今までは練習をしたこともない放リ込みサッカーが、苦し紛れに行われたのだと思います。

また、日本人とのメンタリティーの違いもあります。ザッケローニは、アウェイではチームが怖気づいてしまう傾向があるイタリアのクラブチームを率いていた人です。私の印象では、彼は大会前に、何かの理由で怖気づいてしまったような感があります。

それまで、彼が主張していた日本人らしいサッカーが失敗して、玉砕したのならば構わなかっと私は思います。それなりに、得ることがあり、次のステップに進めたと思うからです。しかし、実際にはそうではなかったために、今回は何も得られずに、日本サッカーの評判を落としだだけに終わったように感じています。

負けると分かっていても切り込むことが必要な日本サッカーには、彼のメンタリティーは向いていなかったように、今となっては感じています。


しかしながら、日本人監督というと、岡田武史氏しか思い浮かばないのが現実です。でも、彼が乗り気ならば、再々度お願いしてもいいのではないかと思います。以前の岡田ジャパンの時代に較べると、個々の日本人選手の力は確実に上がっています。代表監督に2度なった彼を活用しない理由はないと思います。


−−−以上−−−