はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

「降水ナウキャスト」より雨量予測の精度が良い「高解像度降水ナウキャスト」が、8月7日から公開される件

8月7日から、「高解像度降水ナウキャスト」の提供を開始すると、気象庁が発表しました(2014年7月25日 )。


「高解像度降水ナウキャスト」は、メッシュ上のポイントにおいて降水量を予測するという点において、「降水ナウキャスト」の後継となるものです。

降水ナウキャスト」は、1キロメートル四方の精度で、5分毎に1時間先まで雨量を予測していました(5分毎に更新)。これに対して、「高解像度降水ナウキャスト」は、30分先までは、250メートル四方の精度で、5分毎に予測します(5分毎に更新)。30分後から1時間後までは、「降水ナウキャスト」と同じ精度で予測されます。

気象庁の「別紙」と、「ねとらぼ」の記事には、両者による予測(関東地方南部)が図示されています。比較すると、大雨が降る地域は、「降水ナウキャスト」よりも高解像度降水ナウキャスト」が広くなっています。これに対して、小雨の地域は「高解像度降水ナウキャスト」では狭くなっています。「降水ナウキャスト」では、南関東全域において小雨以上が降ると予測しているのですが、「高解像度降水ナウキャスト」では、小雨以上が降る地域が50%くらいになっています。


さて、「降水ナウキャスト」には、表示における問題がありました。雨量が表示される地図の縮尺が詳細ではなかったのです。このため、私が「降水ナウキャスト」を頻繁に使うようになったのは、このデータを利用していると思われる「雨雲ズームレーダー - Yahoo!天気・災害」が公開されてからです。こちらでは、表示する場所と縮尺を自由に変えることができます。

気象庁の「別紙」の2ページ目を見ると、縮尺を変えるバーがついています。また、表示される場所も変えられそうです。「雨雲ズームレーダー 」ほど自由に表示場所を変えれるかは、「別紙」からは分かりません。


−−以上−−