読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

HKT48の「Music Station」への出演(2014年9月5日)は、有意義だったこと( 「控えめ I love you!」 の初披露)

HKT48の4枚目のシングル「控えめ I love you!」(2014年9月24日発売)が、「Music Station」(テレビ朝日、金曜20時)において、初披露されました。

HKT48の「Music Station」への出演は、今年の春(2月14日)につづいての2度目でした。春の出演では、「桜、みんなで食べた」[3枚目シングル]の初披露が行われました。


番組におけるHKT48は、CDデビューから2年を経ていないアーティストとしては、著しく優遇されたと思います。AKB48グループを含む姉妹グループのファンからは、羨む声も上ったようです。

番組の前に放送される「ミニステ」では、HKT48がメインでした。視聴者によるHKT48メンバーへの質問「今年の夏の一番の思い出は?」に、なこみく(矢吹奈子田中美久)と兒玉遥が答えました。このやりとりの間には、「控えめ I love you!」が流されていました。なお、指原莉乃が保護者のように付き添い、補足の質問などをしていました。

カメラには兒玉遥の横にいる田島芽瑠も映されており、後列のメンバーも見えました。それだけではなく、HKT48にカメラがターンする際には、宮脇咲良が上手く映り込んでいました。「宮脇プロ」と言われる由縁があると思います。


本編では、HKT48は歌を披露する際以外でも、存在を示すことができました。サザンオールスターズの曲が紹介される際に、彼らの後列に座ったのが、指原莉乃兒玉遥宮脇咲良であり、指原莉乃桑田佳祐に弄られる間に、他の二人も映ったからです

桑田佳祐は、新曲「東京victory」(9月10日発売)のカップリング曲である「天国オン・ザ・ビーチ」のMVに、指原莉乃AKB48グループのメンバーとして出演していることを紹介しました。AKB48グループのメンバー8人が出演したこのMVには、他にも豪華な著名人(ドリームズ・カム・トゥルー奥田民生平井堅木村カエラ)が出演しています。

その際に、桑田佳祐指原莉乃の名前をワザと「ゆびはら」と間違えて弄りました。そして、サザンオールスターズがステージに向かうために、席を離れた際には、タモリも、ワザと「ゆっぴー」と呼んで弄りました。彼女は「東京victory」のMV撮影の際のことを話し、その時にも他の二人が映っていました。

桑田佳祐指原莉乃が弄ったはこの時だけではありません、番組のエンディングにおいてです。この際には ポルノグラフィティ岡野昭仁も、彼女のことを「ゆっぴー」と呼び、煽りに参加しました。

この番組で共演することにより、桑田佳祐指原莉乃のことをかなり気に入ったようです。翌日のラジオ番組「桑田佳祐やさしい夜遊び」(東京FM、土曜23:00)では、彼女のことを何度も褒め、「控えめ I love you!」をかけました。サザンオールスターズのファンによると、この種の曲がこの番組でかけられることは、異例のようです。この件については後でもふれます。


披露された「控えめ I love you!」は、秋の初めの曲としては相応しいという感じがしました。インパクトは、去年発売の「メロンジュース」(2013年9月4日 発売)よりは少ないです。でも、以前のセンターよりは少し年齢が高い兒玉遥なので、比較的に落ち着いた曲であることは良かったと思います。

フォーメーションは、前から3-6-7であり、3トップ(兒玉遥指原莉乃宮脇咲良)のセンターが兒玉遥になっています。3トップにはポジションチェンジがあり、総合的に彼女がセンターであるという位置づけです。この曲における平等性は、2列目と3列目の扱いにも現れています。歌のパート分けの際には、更に2分割され(3+3、3+4)、それぞれのパートを歌う際には最前列に出てきます。

兒玉遥がセンターとして発表されていたので、彼女のファンの中には残念に思った人もいたかもしれません。でも、重要なことは、彼女がセンターであるというクレジットがある曲だということです。AKB48の選抜メンバー(37枚目シングル)の二人を従えてセンターに立っていると、プラス思考で解釈した方が良いと思います*1

今回の出演で残念だったことは、衣装です。公開されているMV(short ver.)において、兒玉遥が着ている水色のトップスは、彼女の透明感を際立たせています。しかし、今回の衣装は、あまり彼女の良さが現れていないように感じました。なお、今回は、彼女一人だけショートパンツでした。このことによって、センターであることを表しているのかもしれませんが、彼女にはプラスになっていないように見えました。


トークにおいては、HKT48はかなり優遇されていました。GENERATIONS from EXILE TRIBEのトークの時間は、HKT48の半分以下でした。そして、Hey! Say! JUMP と 9mm Parabellum Bulle には、トークはありませんでした。

HKT48ファンの一部からは不満が上がっているという噂があります。話していたのが指原莉乃だけだからだという理由です。しかし、彼女が話している際には、兒玉遥宮脇咲良が映っていたのですから、これで満足するべきです。ちなみに、GENERATIONS from EXILE TRIBEのトークは、関口メンディーだけでした。

芸能界における実績の評価からすると、Hey! Say! JUMP にトークの機会がなく、HKT48にトークの機会があるのは妙なことです。それでも、ジャニーズファンの不満が抑えられたことには、幾つかの要因があると思います。

この番組で披露された「ウィークエンダー」と「明日へのYELL」は、メンバーが主演しているドラマの主題歌です。もし、テレビ朝日のドラマならば、Hey! Say! JUMP にトークの機会があったと思います。しかし、実際は日本テレビと、フジテレビのドラマですから、トークが回避された可能性があります。

指原莉乃とのトークがあったことについては、彼女は「笑っていいとも」のレギュラーでしたので(香取慎吾も同じ日のレギュラー)、タモリは話しやすいのだろうという解釈があったと思います。それから、彼女はジャニーズの先輩との共演が数多くあるので、批判することが憚れたということもあると思います。(私の勝手な推測なので、間違っている場合にはお詫びします。)

今回、HKT48がこの番組へ出演できて、トークの機会があったことには、HKT48の実力/実績以外の諸々ことが関係しています。HKT48の五枚目のシングルまでに、このことを理解しないファンが減らないならば、「ミュージックステーション」への出演は、今回が最後になる可能性もあります。


上でも記しましたが、桑田佳祐のラジオ番組(「桑田佳祐やさしい夜遊び」)において、指原莉乃が何度も褒められました。この件は、放送直後から、twitterで流れ始め、1日以上も多数つぶやかれました。

このことが、AKB48グループにとって大きなプラスになったことを、以下に説明します。

サザンオールスターズは、デビュー当時はかなりヤンチャなバンドでした。しかし、現在では、実績の評価により、業界における大御所になっています。彼らの登場によって、日本の音楽は変わりました。結果的に、彼らの影響を受けていないミュージシャンは少ないと思います。

彼らは多くの人にリスペクトされており、その中には保守派とされている人も含まれています。このことは、必ずしも良いことだけではありません。桑田佳祐がこのような音楽は嫌いだろうと勝手に解釈して、それを根拠にして批判する人が、若干だとは思いますが含まれているからです。

批判対象の中には、AKB48もいます。AKB48の曲はミリオンセラーを連続していながらも、一般層に流行った曲は少ないことは事実です。このため…、残念ながら、AKB48の曲には良い曲はないという「決め付け」は、大きな支障をもたらしません。

実際の桑田佳祐は柔軟な人であり、そのような「決め付け」はないようです。彼は「恋するフォーチュンクッキー」を気に入ったようであり、上述のラジオ番組の放送1000回記念で開催されたサザンオールスターズのライブ(7月11日、12日)では、原由子がメインで「恋するフォーチュンクッキー」(AKB48)を歌っています。なお、この曲のセンターをAKB48選抜において歌っているのは、指原莉乃です。

原由子によって歌われたことにより、この曲は良い曲だと気がついた人がかなりいるようです。でも、歌ったのが原由子だから良かったのであり、AKB48曲は聞く価値がないと、頑なに主張する書き込みがネットにはありました。この辺は、指原莉乃による「逆転力 〜ピンチを待て〜」(講談社 Mook) の評判が良くても、ステマに違いないと主張する人の感覚と同じなのかもしれません。

今回の桑田佳祐指原莉乃に対する評価によって、そのような人も「恋するフォーチュンクッキー」(AKB48)を聞いてみようと思ったかもしれませんので、AKB48とってはプラスになると思います。他の曲にも興味をもってくれるのならば、さらにプラスになります。

残念ながら、最近のAKB48の曲では、「恋するフォーチュンクッキー」の評価だけが突出して高いです。他の曲を聞こうとする人は、期待しすぎない方がいいかもしれません。


−−以上−−

*1:指原莉乃がセンターを務めるAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」(2013年8月21日)が最初にテレビで披露された際には、センターである彼女は、そんなには映っていませんでした。MVに至っては、4000人のエキストラを従えているのですから、更に映りは少くなります。でも、この曲の評判が上がることにより、テレビにおける披露において、彼女の映る時間は少し長めなったようです。