読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

台風18号についてのメモ(2014年)

台風18号が気になるので、メモをしておきます。


気象庁の発表*1によると、台風18号が「日本の南」において北西の方向に進んでいます(時速20キロ)。10月4日の15時には、南大東島の東約100kmに達し、中心気圧は930hPaになると予報されています。

台風は次第に進路を東側にかえ、10月6日(月)の15時には東海地方に達するようです(北緯34度50分、東経138度05分)。この地点は、北緯東経から推定すると、掛川市東山(静岡県)に該当します。なお、時点における中心気圧は、965hPaと予報されてされています。

台風の経路図の中心線を、このあと辿ると、東京都内を通るように見えます。

なお、セカンドオピニオンとして参照される事が多いJTWCの予想(3日15時)では、もう少し南側を通過して、本州への上陸がないルートになっています


気象庁の予想通りになるならば、日本の広い地域において、大きな被害が起きる可能性があります。関東地方に大きな影響がある可能性があるのは、10月6日(月)でしょうね。できるならば、この日は外出を控えたいものです。幸いなのは、遅い台風ではないことです。東海地方に上陸すると予想されている6日15時における速度は、 35キロです。


−−以上−−

*1:平成26年 台風第18号に関する情報 第14号 (位置)平成26年10月 3日15時45分 気象庁予報部発表