読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

台風18号についてのメモ(2014年) No2

台風18号が気になるので、メモをしておきます。


気象庁の発表*1によると、台風18号は、10月4日の15時には、南大東島の東北東約120キロに達しました(南大東島における最低気圧:971.0hPa[4日15時])。中心気圧は935hPaであり、時速10キロで北北西に向かっています。

台風は次第に進路を東側にかえ、10月6日(月)の15時には、水戸市の東南東約40キロ(北緯36度10分、東経140度55分)に達する見込みのようです(中心気圧:960hPa、速度:50キロ)。北緯東経から推定すると、銚子市(千葉県)から北側に線を伸ばすと共に、鉾田市茨城県)から東に線を伸ばした時の交点にある海上に該当します。

予報円の中心を結ぶと、東京の中心部が線上にあるように見えます。もし、この付近を通過すると昼間に通過すると、かなりの影響が起きそうです。


速度は、1日前の発表時点よりは速くなったようです。その発表における10月6日(月)の15時の位置(予報円の中心)は、北緯東経から推定すると、掛川市東山(静岡県)でした。

できるならば、気圧についての予報値は高い方に外れて欲しいものです。


−−以上−−

*1:平成26年 台風第18号に関する情報 第31号 (位置)平成26年10月 4日15時45分 気象庁予報部発表