はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

2015年2月26日10時11分 の地震(最大震度4[宮城県]、震源:宮城県沖) についてのメモ

2015年2月26日(10時11分)に、宮城県において、最大震度4を観測する地震がありました。 震源宮城県沖、地震の大きさはM4.9、深さは約50kmでした。

上記ページによると、最大震度を観測した地点は、大崎市古川三日町、大崎市田尻、石巻市桃生町、女川町女川浜でした。

この記事をメモとして書くことにした理由は、階上町道仏(青森県)において、震度2を観測したことです。岩手県に接し、沿岸沿いにある階上町の周辺(青森県岩手県)においては、他に震度2以上を観測した地点はありません。岩手県で2以上を観測した、沿岸沿いの最北の観測点は、田老(震度2)です。


階上町道仏では、2015年2月17日(13:46頃)に起きた地震震源岩手県沖、M5.7、深さ:50km)において、震度5強をしています。それにもかかわらず、周辺の観測点における最大震度は4でした。

この地震が起きた後に、twitterにおけるツブヤキを見たところ、階上町は揺れ易いというものが、数個ありました。前回や今回のように、階上町道仏における震度が周辺よりも高い地震がよく起きるために、周辺ではそのような認識があるのだろうと思います。


この地震の際には、マスコミによる現地からのテレビ報道を幾つか観ました。マスコミは、大きな揺れであったという地元の人の証言が欲しかったようであり、そのような証言が引き出されています。しかし、揺れは大きかったものの、具体的な大きな被害はなかったようです。地震対策がしっかりされている、ということなのかもしれません。

この際に、階上町道仏という観測点周辺だけが揺れやすいのか、階上町全体に渡って揺れやすいかを調べようとしたのですが、分かりませんでした。それから、観測点は気象庁が設けたものでないために、場所についての情報も見つかりませんでした(町役場にある可能性が高いとは思っています。)。このような情報がないままに、震度情報だけが提供されても、参考情報にとどまってしまうような気がします。