読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

朝昼晩を食べて、1500kcal以下になるファミレス を探した結果

糖分の摂取量に関する世界保健機関(WHO)のガイドラインが発表されました。これに関しては、以下の記事にしています。

となると、1日あたりに必要とされるカロリーについても、シッカリ把握したくなりました。以下のサイトで調べると、男性は1780kcal、女性は1577kcalでした。

設定は、次のとおりです。年齢は40歳、日常の活動は、“デスクワークや軽い家事でほとんど動かない” を選択しました。身長と体重は、男性は170cm、64kg、女性は160cm、56キロとしました。体重は、身長にに対する標準体重にしています。女性は、体重が56キロでは太りすぎと感じる人が多いと思いますが、健康という観点では、この値になるようです。

このサイトでは、年代よって計算値が変わります。数値を変えて試してみると、1780kcalと1577kcalは、31歳から40歳に該当しました。なお、成人においては、男女を変えても値は変わりませんでした。

気になることは、全てを外食にした場合に、標準的なカロリー以内の食事が可能になるかです。そこで、朝昼晩の全てをファミレスで食べた場合に、可能になるかを調べてみました。

毎日のカロリーは、上記の値を中心に分散するはずです。この値以上になる日を相殺するために、最低で一日1500kcalにすることができるかを、調べました。

まず、すぐに思いつく、デニーズ、ガスト、ジョナサンについて、ネットで調べようとしました。しかし、デニーズのメニューには、カロリーが記載されていませんでした。また、すかいらーく系であるガストとジョナサンでは、メニューがデジタルブックになっており、さっと見ることできません。そこで、思い出したのが、ジョイフルでした。

ジョイフルは大分県が発祥であり、九州を中心に店舗を展開しています。関東には少ないのですが、東京都心(赤坂)に、4月中旬に開店するようです(公式発表はまだ)。因みに、今までも東京都に店舗はありましたが、青梅ですので、都心からはかなり離れています。

私は、ジョイフルの奄美空港店に、一度行きました。その際の目的は、東京に戻る前に、ローカルな料理を食べることでした。その目的には、妥当ではありませんでしたが、印象は悪くなかったです。

メニューは嬉しいことに、普通に閲覧できます。そして、さらに嬉しいことに、ヘルシーという項目がありました。

5品が掲載されており、全てが500kcal以下でした。二つだけあげると、「明太子スパゲティ」が367kcal、「豚肉とキャベツのポン酢かけ定食」が483Kcalでした。

さらに、モーニングメニューの項目では、5品の中の2つが500kcal以下(パンを選択の場合)でした。「モーニングエッグプレート」が424kcalであり、卵を二つに増やした「モーニングWエッグプレート」でも、490kcalです。

ジョイフルで食事を3食を食べれば、一日1500kcal以下を達成できます。

残念なことは、赤坂店ができたとしても、ジョイフルが私の自宅の近くにないことです。東京におけるフラグシップとなる赤坂店には、是非とも成功していただき、店舗を増やして欲しいです。ジョイフルには、手カロリーのメニュー(ヘルシー)があることを、強調することをお勧めします。


さて、ジョイフルを調べた後、他のファミレスで可能性があるかを調べてみました。調べたのは、ジョナサンです。ガストよりもデジタルブックが、見やすく感じたからです。

ジョイフルにおいて、「明太子スパゲティ」が367kcalだったので、たらこ関係に注目しました。「たらこと貝柱のスパゲッティ」を調べると、493kcalでした。貝柱が加わっているので、ジョイフルよりは高いカロリーなってはいますが、500kcal以下です。明太子/たらこ系のスパゲティは、一般的にカロリーは低いようです。


−−以上−−