読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

「恋するフォーチュンクッキー」が、有料音楽配信認定においてミリオンになったので、他のAKB48曲を含めて考察しました

恋するフォーチュンクッキー」(AKB48、CD発売:2013年8月21日)が、有料音楽配信認定(日本レコード協会)において、ミリオン認定されました。これは、有料音楽配信において、100万回配信されたということです(2015年3月時点)。

今迄にミリオン認定されていたAKB48の曲は5曲でした。したがって、「恋するフォーチュン」は、6番目にミリオン認定されたことになります。

ミリオン認定された曲をCD発売日順に並べると、「ポニーテールとシュシュ」(2010年5月26日)、「ヘビーローテーション」(2010年8月18日)、「Beginner」(2010年10月27日)、「Everyday、カチューシャ」(2011年5月25日)、「フライングゲット」(2011年8月24日)、「恋するフォーチュン」(2013年8月21日)です。「恋するフォーチュン」以外の5曲は、2010年と翌年(2011年)に発売された曲です。


有料音楽配信認定には、ミリオンの他に、4つのカテゴリーがあります。具体的には、ゴールド(10万)、プラチナ(25万)、ダブル・プラチナ(50万)、トリプル・プラチナ(75万)です。AKB48の曲で、ゴールド以上の認定を受けている曲を、以下の表に示します。

有料音楽配信認定のカテゴリーは、2014年1月に編成が変更されました。この月の発表には、この月に認定された曲の他に、編成によって上のカテゴリーに格上げされた曲も含まれています。以下の表は、まず、この月以降の発表において示されたデータに基づいて作りました。このデータには存在しないAKB48シングル曲については、日本レコード協会のサイトが提供している検索機能を使って調べ、必要であれば加えました。最終的な基本データは、2chのスレッド 「【朗報】恋するフォーチュンクッキーが配信でもミリオン達成」 における「33」と同じになりました。

ゴールド以上の認定がされた曲は、34曲です。認定別の内訳は、ミリオンが6曲、トリプル・プラチナが1曲、ダブル・プラチナが5曲、プラチナが7曲、ゴールドが15曲です。トリプル・プラチナの1曲には、「会いたかった」(1st)が該当します。

大声ダイヤモンド」(10th)以降の曲は、ミリオン認定の曲と、ダブル・プラチナ認定以下の曲に、2分されます。あからさまに言うならば、有料音楽配信のおける超人気曲(6曲)と、それ以外です。


AKB48のシングルCDは、ミリオンセラーを継続していますが、その全ての曲が、一般層に流行っているわけではありません。ミリオンの継続が起きているのは、コアなファンが特典を求めて、CDを大量購入しているからです。

一般層のおける人気を知るためには、有料音楽配信における人気が参考になります。特典がつかない有料音楽配信は、コアなAKB48ファンにはメリットがないからです。このことに基づくならば、ミリオン認定された6曲のみが、AKB村だけでなく、世の中においても、大ヒットしたと見なせます。


表の一番右のカラムでは、有料音楽配信の認定を「*」の数で表しました。一つの「*」を5万としましたので、ゴールドは2個の「*」、ミリオンは10個の「*」で表示されています。

この表示を観ると、AKB48シングル曲は、一般層にも、2010年から2011にかけては、極めて人気があったことがわかります。この時期が、AKB48の全盛期だったと思います。しかし、その後は凋落が起きて、「恋するフォーチュンクッキー」においてだけ、大人気になったことが分かります。

全盛期においては、表題曲がミリオン認定になるだけでなく、カップリング曲もゴールド認定になっているCDが3つあります。該当するCDは、「ポニーテールとシュシュ」(2010年5月26日発売)、「ヘビーローテーション」(2010年8月18日発売)、「Everyday、カチューシャ」(2011年5月25日発売)です。なお、この中の2曲は、ミリオンセラーではありません。


ーー以上ーー