読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

上陸の前に温帯低気圧になった台風6号に関して(2015年5月12-13日)

台風6号は、上陸する前に、温帯低気圧になりました(2015年5月12日18時)。

台風のままで上陸すれば、観測史上2番目に早く上陸した台風になったそうです。今まで一番早かった台風は、1956年の台風3号であり、この時の上陸場所は、鹿児島県であったようです。なお、この統計に島への上陸が含まれているかは把握していません。

気象庁は、台風の形がかなり崩れており、目玉が2つに見えるようになっていても、台風と呼んでいることがあるようです。このことには、台風としておいたほうが、人々が注意をするという判断であるという説がありますが、真偽は分かりません。温帯低気圧になっても、中心がどこを移動しているかの情報を、分かりやすい形で提供した方がよいと、この台風/温帯低気圧では思いました。

この台風は、異例なほど高速でした。18時の時点における速度は、75キロ(方向:北東)でした。


気象庁のサイトにあるデータによると、24時間雨量が一番多かったアメダス観測点は、富士(静岡県)のようです[149.0ミリ]。過去最大は去年の10月(354.5ミリ)であるので、このことをキッカケにして、十分な対策を取られていたならば良いなぁと思いました。

順位 観測点 24時間雨量(今回) 24時間雨量(過去最大) 記録した日
1 富士 静岡県 149.0 354.5 2014/10/06
2 本山 高知県 148.5 563.0 2014/08/04
3 繁藤 高知県 144.0 979 1998/09/25


関東地方において24時間雨量が最多であったところは、静岡県に隣接する神奈川県西部だったようです。一番雨が降ったの箱根では、99.5ミリを記録しています。

順位 観測点 24時間雨量(今回) 24時間雨量(過去最大) 記録した日
1 箱根 99.5 565 2005/8/26
2 平塚 88.5 317.5 2014/10/6
2 丹沢湖 81 495.5 2010/9/9


東京周辺では、早めに帰宅した人は、大きな被害を受けなかったようです。しかしながら、テレビの報道を観ると、傘さえ持っていない人がいて驚きました。速度が早かったことが影響したのかもしれませんが、危機意識が低いと言われても仕方がないと思います。


ーー以上ーー