はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

「ラーメン大好き小泉さん」(〜第3話)に、好感を持ったこと。

今期(2015.7-9)の連ドラの初回は、半数以上が放送されました。

ゴールデンタイムのドラマで、現時点までで観たものは、「デスノート」(日本テレビ、日22)、「探偵の探偵」(木22、フジテレビ)、「ど根性ガエル」(土21、日本テレビ)です。どれも悪くはなく、第2話も観る予定です。


さて、今回の記事は、「ラーメン大好き小泉さん」(土23:40-0:05)についてです。現時点において、第3話まで放送されています。

タイトルからすると、主人公は、高校生である小泉さん(早見あかり)なのかもしれませんが、ドラマは、彼女の同級生である大澤悠(美山加恋)の視点で描かれています。


大澤悠は、転校生である小泉さんに興味を持ちます。大澤悠は、美少女好きだからです。小泉さんには、極度のラーメン好きであり、ラーメン店巡りをしています。大澤悠は、これに付き合うことにより、段々とラーメンに興味を持っていくということが、ドラマの展開だと思います。

他の登場人物には、彼女の友達である中村美沙(古畑星夏)と、彼女たちがラーメン屋で遭遇することが多い、ラーメンフリークの3人組(尾道:小野ゆたか、荻窪:田中英樹、喜多方:村松利史)がいます。


美山加恋という名前に記憶がある人は、少なくないと思います。彼女は、草なぎくんドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」(フジテレビ、2004.1-3)において、凛チャンを演じていた子役だったからです。それから、11年半経って、彼女は18歳になっています。

ドラマの設定では、小泉さんが美少女であるという設定になっています。それは否定はしないのですが、無愛想である小泉さんには、私は魅力を感じません。むしろ、表情が変わる大澤悠の方が魅力的です。美山加恋は、こんなに使い勝手が良い演技ができるという認知が、多くの人に広まれば、成功する可能性が高いと思います。

私は、そんなにラーメン好きではありません。最近行ったことがある、有名店は、「味噌の章」(東京の小川町など)くらいです。また、行列してまで、美味しいラーメンを食べたいとは、思いません。でも、彼女たちが食べているところを観ると、美味しそうに感じます。


さて、視聴率ですが…、深夜ドラマとしては、驚くほど高いです。以下のサイトによると、第1話は4.7%でしたが、第2話では、8.2%に急上昇しています。ドラマ好きではなく、食べ物好きも観ているのだろうと思います。

第3話は、ありきたりな展開だったので、月曜日に判明する視聴率は少し下がるかもしれません。でも、深夜ドラマとしては十分なものであると予想します。


何かの参考になるかも知れませんので、彼女たちが行った店を記載しておきます(番組のホームページにおける記載の通り。サイトには、更に詳しい記載あり)。私が名前を知っている店は、ラーメン二郎(出入りの場所の近くにあった)と、蒙古タンメン中本(「指原の乱」で観た)のみです。

第1話:金色不如帰、ラーメン二郎  八王子野猿街道店2
第2話:らぁめん ほりうち 新橋店、蒙古タンメン中本 目黒店、第3話:
第3話:パイナップルラーメン屋さん パパパパパイン、Japanese Soba Noodles


なお、食べてみたいと思うのは、「パイナップルラーメン屋さん パパパパパイン」(東京都杉並区西荻南3-12-1 日伸西荻プラザ108)のものです。しばらくは番組の影響で込むでしょうから、秋になって、機会があれば、行ってみようかと思います。


ーー以上ーー