はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

「恋するフォーチュンクッキー」が医者が手術中に聞くBGMにおいて4位

指原莉乃AKB48選抜総選挙に2015において1位になったことによってセンターを務める「ハロウィン・ナイト」(8月26日発売)が、日本テレビの音楽特番『THE MUSIC DAY 音楽は太陽だ。』(2015年7月4日)において、披露されました。

彼女がセンターを務めるのは、「恋するフォーチュンクッキー」(2013年8月発売)に次いで2度めです。なお、振付は同じく、パパイヤ鈴木です。

この曲がどのくらい流行るかは分かりません。ただ、確実なことは、「恋するフォーチュンクッキー」がAKB48の代表曲であると共に、2010年代を代表とする曲であることは変わらないということです。今回示すランキングでも、2010代の曲ではトップ5に1つだけ入っていました。


そのランキングとは、医者が手術中に聞くBGMです。「恋するフォーチュンクッキー」は4位でした。調査は、MedPeer(現役医師10万人会員)において、アンケートとして行われたとのことです。

私にとっては、手術中にBGMをかけること自体が意外です。私にはよく分からない世界であり、初めはどんなものかと感じました。でも、手術の集中力を上げて、感性を研ぎ澄ますために必要なようです。特に、長時間の手術には欠かせないようです。少し後に、運転中に車中の人と話すと、眠気覚ましになるのと同じなのだろうと、思い直しました。

このランキングは、昨日(2015年7月12日)に放送された 「サンバリュ その道のプロも驚く新雑学 イチマイウワテ」(日本テレビ、13:15〜14:15、MC:後藤輝基)で紹介されました。

パネラーの一人である伊集院光の予想は、ショパンのようなクラシックでしたが、結果はかなり違っていました。確かに、ショパンだと眠くなってしまうかも知れません。

順位 アーティスト 解説
1位 いとしのエリー(1979年) サザンオールスターズ  ブッチギリの第1位
2位 innocentworld(1994年) innocentworld  看護師に圧倒的人気を誇るBGM
3位 地上の星(2000年) 中島みゆき  第一線で活躍する50代医師がアガるBGM
4位 恋するフォーチュンクッキー(2013年) AKB48  30代若手医師が手術で乗れるBGM
5位 ultra soul(2001年) B'z 深夜の手術で眠気覚ましのBGM


アンケートにおけるコメントには、「ノリがいい!」(脳外科医・30代)、「長い肝臓手術でテンションを上げるため」(消化器科医・30代)というものがあったようです。菅原道仁医師(VTR出演)は、「なんですかね。ノリが良いとか、そういうのあるんじゃねいですかね。縫合する時とか、ノリが良いほうがリズミカルになる。道具をもらって縫って、また道具をもらって、いわゆる餅つきみたいなもんですよ。」と解説をしていました。


ーー以上ーー