はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

『僕らが考える夜』(テーマ:危険をおかしてまでスクープを撮る必要はありますか?)について(2015年7月22日放送)

2015年7月22日に放送された『僕らが考える夜』(フジテレビ、水曜深夜)を観ました。今回のテーマは、「危険をおかしてまでスクープを撮る必要はありますか?」でした。なお、いつもと同様に、MC(司会)は指原莉乃、MC(パネラー側)は土田晃之でした。

スクープを狙う側として登場したのは、宮嶋茂樹(報道カメラマン、いわゆる不肖・宮嶋 )、長谷川まさ子(芸能レポーター)でした。パネラー(大人)としては、蛭子能収クリス松村、パネラー(AKB48)としては、峯岸みなみ渡辺麻友島田晴香島崎遥香阿部マリアが参加しました。

この番組は、私はAKB48のために大きくプラスになっていると考えています。一つは、AKB48メンバーはあんまり考えていないという印象を払拭するためです。そして、もう一つは、様々な分野の人にAKB48に持ってもらうためです。


今回、大きかったことは、報道カメラマンとして活躍する宮嶋茂樹が出演したということです。上にも書きましたように、あの不肖・宮嶋です。

彼の仕事の幾つかについては、指原莉乃が紹介しました。そして、各々について議論がされました。具体的には、東京拘置所に服役中の松本智津夫の撮影(1996年)、日本人と初めて金正日・元総書記北朝鮮)を撮影[シークレットブーツ着用の写真を含む](2001年)、イラク戦争時における米軍戦車による誤爆直前の撮影(2003年)などです。

現在の彼と長谷川まさ子の仕事はかなり違うので、2人の組み合わせは意外でした。でも、活動分野が重なっていた時期があり、場所取りで喧嘩したこともあるとのことです(長谷川まさ子談)。今回、初めて知ったことなのですが、彼はフリーになる前は、「フライデー」の編集部所属のカメラマン(ソース:wikipedia)であったようです。

芸能関係の撮影については、ネタの収集方法や、スクープの事例について、2人によって語られました。これについては、私は関心が薄いので記載しません。


スクープの対象になるAKB48メンバーからは、主に、一般人による撮影とtwitterへの投稿について、語られました。島田晴香は、大学の食堂において食べたメニューがtweetされたこと、島崎遥香は校内や通学中に写真が取られたを話しました。

島崎遥香は、自分たちは芸能人なのでしかたがないけれど、家族のことは勘弁してほしいという趣旨のことを話しました。これには、他の出席者、特に蛭子能収が共感を示しました。彼は、奥さんと近所の食堂で食事をとっているところをtweetされたことを、番組内で話しています。

指原莉乃は、美容室帰りに、記者的な風貌の男性に写真を取られたことを話しました。記者ではないと推測した理由は、携帯で音を立てて撮影したからです。彼女は、彼の写真を取って、色んな(雑誌の)編集部に確認したそうです。仕事として撮っているならば、ある意味で安心だからだと推測します。しかし、その関係者ではなかったようです。


番組での内容とは違いますが、番組における渡辺麻友島崎遥香のあり方を見ると興味深いです。島田晴香についても、少し述べます。

渡辺麻友の表情は平坦であり、バリエーションがないように私には見えました。また、発現の内容もありきたりに感じました(彼女のファンにおいては、評価が高かったようです)。これに比べて、島崎遥香については、表情の動きが面白く、話の内容もそれなりに興味深いと思いました。

渡辺麻友のあり方は、彼女がAKB48村(AKB48ファンの集合体)では、評価が高いです。AKB48では、メンバーを疑似恋愛対象にする人の割合が外部よりも多いことが影響し、「頑張っている」が評価されるからです。これに対して、芸能界における評価のほとんどは、結果に対するものです。このことも影響してか、芸能界においては、期待されるような成果が上がっていません。

彼女に比べると、島崎遥香は、芸能界でもそれなりに使えます。お姫様扱いしなくてはならない度合いやNGの数が、彼女に比べると少ないからです。もちろん、指原莉乃に比べるとかなり多いです。

上述の、家族のことは勘弁してほしいという発言には、共感する視聴者は少なくなかったと思います。これに対して、渡辺麻友による夢の国(浦安)における話は、彼女と同行者であった柏木由紀のファン以外には、大きな関心を持たれなかったと思います。


島田晴香は、AKB48村においては、渡辺麻友島崎遥香ほどは、人気がありません。AKB48メンバーには、一般的感覚では、痩せていると見なされるメンバーが多いために、彼女はカワイイようには見えないからです。容姿の特徴も、同期の島崎遥香よりはありません。

しかし、この番組を通して彼女を何度も観て感じることは、島田晴香は普通に美人であることです。AKB48の存在感が薄れてた時点において、この3人の中で芸能界で一番活躍しているのは、もしかしたらば彼女かもしれません。


ーー以上ーー