はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

ベッキーが炎上して、フォロワーが増えた件

ベッキーが大炎上しています。彼女と「ゲスの極み乙女。」であるボーカル川谷絵音の不倫が週刊文春に報道されたことが発端になっています。


これを基準にするならば、年始における古市憲寿の炎上は、プチ炎上だったと見なせると思います。彼の件をご存じない方に説明しておくと、「ワイドナショーSP」(元旦7時から約2時間)において、彼がウエンツ瑛士に対して行った「ハーフって何で劣化するのが早いんでしょうね」が批判されたものです。なお、ベッキーもハーフですが、彼女の炎上とは関係があるません。

natuka-shinobu.hatenablog.com

古市憲寿による劣化発現は、番組において、指原莉乃が「モノに対して使う言葉の感じがしますよね。人ではなく。」と即座に指摘したように、妥当な言葉遣いでないことはもちろんです。でも、それだけではなく、人種差別だと解釈されて、さらなる批判が加わったようです。


炎上の度合いの違いは、古市憲寿ベッキーを「OR検索」してみれば分かります。ベッキーtwitterにおける炎上のピークは、1/7の8時から18時です。これを基準にしたブラフでは、古市憲寿の炎上は全く確認できないレベルです。


twitterにおけるピークは既に過ぎましたが、Yahoo!Newsにおいては、ベッキーの炎上は続いているようです。現時点(2016年1月9日21:30)において、エンタメのトップニュース(8ニュース)の内の3つを占めているからです。

なお、この記事ではベッキーが炎上と書いてしましましたが、彼女に同情的な人も多いです。川谷絵音は現在の奥さんとの結婚のことを公表していなかったことによって、より問題があるのは彼の方だと見なされているからです。

私としては、もし私が彼女の知人であるならば、現時点においては、暖かく接すると思います。起こしてしまったことは問題ですが、誰にでも間違えはあるからです。


さて、今回のマスコミの報道を見ると、彼らにとって、人の不幸は蜜なんだろうなぁと、今更のことながら感じます。ベッキーは人気タレントであり、テレビ番組のレギュラー番組が多く、CM出演の本数が多いです。彼らはこれが減ることが記事になると判断しているようだからです。

多くのマスコミがCMの提供会社やテレビ番組に問い合わせをしているようです。彼らは、この種の情報を視聴者/読者が欲しているので、これを調べることが求められていると考えているのだろうと思います。でも、私は彼らのこれらの行動がベッキーにマイナスになることを懸念しています。

マスコミによっては、彼女が仕事を失うことによって恩恵を受けるタレントが誰かについての記事を書いているところもあります。私はどんなもんかなぁと思うのですが、その種のことを記事にするメディアの記事にしては、多くのアクセスを得ていることも事実です。


さて、このような情況ですから、ベッキーのフォロワーは減ったと思っていたのですが、逆に通常よりも増えているのに驚きました。以下のサイト(毎日更新)によると、
1月9日2時までの24時間で7606人増えています。彼女のフォロワー数の増加は、通常時においては、1週間に7000人くらいですから、それに該当するフォロワーが1日で増えたことになります。1月9日2時から24時間では、5295人増えました(2016年1月10日の7時に追記)。

また、1月9日2時までの1週間では33052人増えています。したがって、前の日には約25000人増えたと推測されます。上で図示したtweet数の遷移から推測すると、この件が大きく知られるようになったのは、7日の朝からのようだからです。

なお、1月9日2時までの24時間で増加が一番多かった芸能人は、 益若つばさ(増加[1日]:34092人、増加[週間]:44703人)であり、2番目はFukase(SEKAINOOWARI) ( 増加[1日]:16263人、増加[週間]:31387人)でした。これは、2人の間に、喜ばしい報道があったためです。

【注意】上記サイトが提供している数値は、実際には、フォロワー数からフォロー数を引いたものです。しかしながら、芸能人の場合は、フォロワー数がフォロー数よりもかなり多いので、今回の趣旨にはほとんど影響がありません。ちなみに、現時点において、ベッキーのフォロー数は1人、益若つばさとFukaseのフォロー数は、それぞれ、222人と1118人です。



ベッキーの急増したフォロワーの大部分がどのような部類の人かは分かりません。でも、最新のtweet(大晦日)へのreplyには、予想したよりも好意的なものが多くて、驚きました。

世の中には、非難されることを容認されたと判断される人は、どんなに酷くdisっても構わないと考える人がいます。もちろん、そのようなreplyが沢山あるのですが、そのようなreplayの中に、好意的なreplyが、完璧に埋没してしまっている状態ではありません。とはいえ、耐性がない人は見ないことをお勧めしますが…。