読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

記者たちのアイドルかもしれない指原莉乃

指原莉乃の写真集「スキャンダル中毒」が発売されました(2016年3月22日発売)。それを記念して、同日、都内(福家書店新宿サブナード店)で発売記念イベントがありました。私は写真自体には興味がないのですが、2万2500字のインタビュー(10ページ)には興味を引かれます。
購入する予定がないのにもかかわらず、関係する記事を書くのは、福家書店における記者会見が面白かったからです。その動画は、JIJIPRESSによって公開されています。

笑いが耐えない記者会見だったようです。記者にとっては、取れ高が大きい(後述)、有意義なものだったと思います。
彼女は現在、歯の矯正をしており、彼女にしては滑舌が悪いようです。しかしながら、私は、普段とあまりかわないように、感じました。

記者達にとって指原莉乃は記事にしたくなる芸能人なのだと思います。その大きな要因は、取れ高が大きいことの他に、彼女が頭のよいことと、人柄がいいことだと思います。楽しく仕事がしたいのは、記者も同じです。

アイドルを擬似恋愛の対処にする人は、過去の週間文春の記事が要因となり、彼女をアイドルとして見なさない人が少くないようです。しかしながら、記者にとっては彼女はアイドルなのかもしれません。それには、例えば、有能であるサッカー選手をアイドルと呼ぶような、本来の意味でのアイドルも含んでいます。
一般の感覚は、疑似恋愛の愛好者よりも、記者の方に近いように思います。彼らにとって、恋愛禁止令を尊び、これを遵守することを求めるような人は、極めて少数派に過ぎません。そして、重要なことは、現在の彼女がどうであるかだからです。


AKB48グループのメンバーに関する記事では、彼女に関するものが圧倒的に多いです。このことには、ニーズだけでなく、記者たちの評価が反映されている可能性があります。
natuka-shinobu.hatenablog.com


ところが、指原莉乃のことを、テレビ番組だけを通じてだけ知る視聴者の中には、頭の良さと、人柄について、反対の見解を持つ人がいます。例えば、彼女が月に1度の頻度で出演する「ワイドナショー」(フジテレビ、日曜昼前)を見れは、彼女の聡明さは明らかになように思うのですが、そうではない人もいます。そのような人達には、ドラマを観ている際に、俳優/女優しか観ない部類の人が含まれている可能性があると思います。

このような記者会見に参加するだけの余裕があるメディアは、彼女をdisる記事を意図的に書くことはほとんどありません。そのような記事を書くのは、ほとんど、ネットだけから情報のみにもとづいて記事を書くメディアです。
代表的なのがサイゾー系のメディアであるcyzowomanです。見えるものだけを見て、2chに基づいて書けば、あのよう記事になりえるのだろうと推測します。なお、サイゾー系メディアは多様であり、優れた記事を書くメディアもあります。

資金が潤沢なメディアにおいて、彼女をdisる意図の記事を書くのは、週刊文春くらいです。指原莉乃をdisることが、社是なのかもしれません。でも、もしそうであるならば、それはそれでスゴイことなのかもしれません。

この記者会見でも、週刊文春のことが、話題になりました。彼女は記者に請われて、「私のことを家族サービスもできずに、ずっと張り込んでくださったり。感謝しているというか…お仕事頑張っているんだなとは思う」とコメントをしています[下の東スポの記事を参照]。
同様な発言をされても、東スポならば、上手いこと笑いに変えて記事にするのでしょうが、週刊文春は違う部類のメディアのような気がします。

記者にとってありがたいのは、指原莉乃の話すことは記事にし易いことです。場合においては、複数の記事が書けますので、上にも書きましたように取れ高が大きいです。例えば、東スポは、この記者会見を基に、以下の2つの記事を書いています。


彼女の長所は、自分不都合な情報でも、ざっくばらんに話して、プラスに変えることができることです。今回は、公式にはラスベガスで撮影されたと宣伝されてきた写真集の一部が、立川(東京都)で撮られたことが該当します。

このことを、最近の話題のキーワードである「詐称」という言葉で言及されたことによって、話が膨らみました。そして、笑いが起こる和やかなやりとりの中で事情が説明がされたになった結果、この件で彼女を責める記者はありませんでした。それだけでなく、「詐称」というキーワードを入れた好意的な記事が、多くのメディアによって書かれました[上記の東スポの記事を参照]。


彼女のもう一つの長所は、共演者に仲間意識を持たれることです。例えば、彼女と何回か共演しているカンニング竹山は、写真集のポーズを模して、twitterに載せています。このことは幾つかの番組(例:「有吉AKB共和国」)において話題にされ、今回の記者会見でも、この件によって話が膨らみました。

news.dwango.jp



ーー以上ーー