はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

指原莉乃をテレビでよく見かけるという認識を持つ人が増えたのは何故か?

最近は、指原莉乃をテレビでよく見かけるという認識を持つ人が増えているようです。確かに5月におけるバラエティー番組への出演は1日1番組のペースです。

彼女の場合は、土日がAKB48系のイベント(握手会など)にほぼ占められていますので、芸能活動には制約があります(福岡との移動のハンデもあります)。このことを考慮するならば、驚くべき出演頻度かもしれません。

とはいえ、5月の番組出演数が多いと入っても、1~3月に比べて1~2割増えたに過ぎません。それにもかかわらず、多くなったという印象を持たれるということには、彼女の出演が、多くの人が観る番組にシフトしている効果があると思います。


多くの人が観る番組には、以下の3つの条件があると思います。

  1. 広い地域で放送されている。
  2. 多くの人が観ることができる時間帯に放送される。
  3. 多くの人が関心を持つ。

この3つの条件を満たすことが多いのは、全国向けに意図されたNHKの番組です。そのNHKにおける番組への出演が、彼女は4月から増えています。もちろん、他局においても、シフトが起きています。NHK出演の増加は、そのシフトが分かりやすく現れたものだと思います。


指原莉乃がタレントとして多くの人に知られるようになったのは、「笑っていいとも」(2011年10月-2014年3月、フジテレビ、平日12:00-13:00)がキッカケです。番組は2014年3月に終了しており、彼女は、終了時点における月曜レギュラーです。

この番組は、日本において大きな影響力を持つ番組でした。このことは、twitter社による、その10周年記念した、日本におけるtwitterの歴史を描いた動画からも推測されます(2016年3月)。

この動画には、「笑っていいとも」に関するtweetが2つ掲載されています。その一つが、最終日に出演した彼女による、放送終了後のtwitterです(もう一つは、放送前における武井壮によるもの)。


指原莉乃のレギュラー番組としては、「笑っていいとも」よりも前に、「さしこのくせに」(2011年1-10月)があります。でも、上に示した3つの条件を全て満たしていません。放送されたのは、TBS(関東広域圏)と大分放送大分県)だけです。そして、深夜の番組であり、AKB48ファンを対象していました。

現在において、上記3条件を満たさない彼女の出演番組は、「HKT48のおでかけ!」(TBS、木曜深夜)だけです[MC:指原莉乃後藤輝基]。番組の主なターゲットは、HKT48AKB48の姉妹グループ)を含むAKB48グループのファンです。なお、彼女はHKT48のメンバーと劇場支配人を兼任しています。
しかしながら、番組の最初と最後に行なわるMC2人のトークを目的に番組を観る人もいるようです。番組内容は、毎回、ネットニースの記事になっており、HKT48のプロモーションに役立っています。


このような歴史的経緯があるために、彼女のテレビ出演におけるフジテレビ番組の割合は、以前は、かなり多かったです。しかし、彼女が評価を得るにしたがって、他のテレビ局も増えてきました。

現在の彼女には、受け切れないほどの多くの出演オファーがあるようです。その中で彼女の事務所(太田プロ)が選ぶ傾向が多いのが、彼女が今ほどの人気を得る前から起用してくれたプロデューサーなどが係わる番組だろうと思います。結果的に、フジテレビの番組の割合が多いことが残っているのだと思います。

これに対して、他局は手をこまねいているわけではありません。その一つが、時間的にレギュラーが難しい際に「準レギュラー」として扱うことなのだと思います*1


フジテレビは、ほほ全国に系列局がありますが、NHKとは違ってカバーできていない県もあります。また、カバーしていても、クロスネットの県もあります。それから、フジテレビ系であっても、フジテレビの番組ではなくローカルな番組を放送する局がありますし、放送しても多くの視聴者が観る時間帯外に放送するところもあります。

例えば、彼女の故郷である大分県では、純粋なフジテレビ系テレビ局はありません。あるのは、日本テレビとのクロスネットであるテレビ大分です。彼女の評価を高めた番組である「ワイドナショー」(日曜昼前)[約月1回出演]も、放送が始まったのは今年の4月になってからです。それから、近畿広域圏でも放送していますが、放送は月曜深夜です(関西テレビ)。

このような状況は、日本テレビ、TBS、テレビ朝日の番組でも同様です。さらにテレビ東京では、度合は大きいです。このため、タレントが広く認知されるためには、NHKへの出演の方が、より効果的です。加えて、ほとんどNHKしか観ないような人もいますので、なおさらです。


NHKの番組について述べると、指原莉乃は、4月から改装された「ガッテン!」(水曜19:30 - 20:15)に既に2回ゲスト出演しており、来週水曜(6/1)にも出演します。明示的にはされていませんが、準レギュラー扱いだと思います。

これは、彼女が「スタジオパークからこんにちは」(4/13)に出演した際に、この番組が紹介されたことからの推測です。ちなみに、「スタジオパークからこんにちは」は、NHK番組の番宣も兼ねています。

6/15日には、熊本地震影響で放送が延期になった「指原(さし)ペディア」が放送されます。この番組は、去年の8月19日、12月22に続く放送なので、過去の回が評判が良かったのだろうと推測します。ちなみに、過去2回のテーマは、漫画とアイドルでした。

彼女のNHKにおける評価は、バラエティー番組関係だけではないようです。五木ひろしが先生役である「歌う!SHOW学校「広島県呉市」」(4月30日)には、ゲスト出演しています。ラジオ限定番である第2部ではMCの一部を務めています(メインMCは山内惠介)。


このように、指原莉乃がテレビでよく見かけるという印象が持たれる大きな要因には、出演が増えただけでなく、出演番組のシフトが関係しています。でも、要因はそれだけではありせん。それには、番組において活躍する度合いが増えたがことが含まれていると思います。


番組において活躍すると、当然のことながら、番組の製作者やMCの評価が高くなり、さらに活躍できる環境が整います。この更に強めているのは、過去の共演者との良好な関係だと思います。でも、これらのことを書き出すと長くなりますので、別記事に書くことにします。


【関連記事 2016年5月30日記載】

natuka-shinobu.hatenablog.com




ーー以上ーー

*1:明示的に実施しているのは、「この差って何ですか?」(TBS)