読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

「2016上半期タレント番組出演本数ランキング」(ニホンモニター)、特に女性タレントにおけるランキングについて

「2016上半期タレント番組出演本数ランキング」(ニホンモニター)が発表されました(2016年7月12日)。
www.n-monitor.co.jp


1位は、366番組に出演した国分太一TOKIO)でした。彼が年間ランキングでも1位になるならば、3連覇を達成することになします。

彼がこれだけ強いことには理由があります。帯番組のレギュラーが2本あるからです。ちなみに、その1本は5分の番組です[「国分太一のおさんぽジャパン」(フジテレビ、月-金曜日11:25-30)]。

ランキングの上位には、彼と同様に帯番組の出演者が多いです。トップ5(国分太一、設楽統、坂上忍澤部佑加藤浩次)の中で、澤部佑以外は帯番組のMCを務めています。

ランキング上位のタレントが出演している帯番組のほとんどは、午前中から昼の放送です。このため、このランキングは、昼間は会社や学校に行っている人における認識とは、かなり異なっている可能性もあります。


このランキングでは、MCを務めることがあるタレントが上位に来る傾向があります。トップ20にランクインしている女性タレントが4人だけであるのも、MCを務める女性タレントが男性タレントに比べて少ないことが関係していると思います。MCの男性タレントのパートナーは女性アナウンサーが務めることが多いという認識が、私にはあります。

男性タレントにおけるトップ10の過半数は、芸人です。これはMCに芸人が起用されることが多いからです。この要因については、別の記事で記載するかもしれません。

これに対して、女性タレントのトップ10においては、芸人は過半数を占めてはいません。友近が該当するかは分かりませんが、もし含めても4人です。彼女の除く3人は、近藤春菜ハリセンボン)、大久保佳代子オアシズ)、オカリナ(おかずクラブ)です。


以下、女性タレントのトップ10についてのみ記載します。過去のランキングとの比較は、過去の年間ランキングではなく、2015年上半期と2014年上半期とのものです。

国分太一 連覇に向け好発進!小島瑠璃子 初のクイーン!|ニホンモニター 2015年上半期タレント番組出演本数ランキング
バナナマン・設楽が3連覇へ好発進!猛追する国分太一!|ニホンモニター2014上半期タレント番組出演本数ランキング

2015年上半期と比較すると5人が共通です。具体的には、1位の近藤春菜、2位の小島瑠璃子、3位の大久保佳代子、5位の指原莉乃HKT48)、6位の夏目三久です。夏目三久以外の4人は2014年上半期にも入っています。

近藤春菜は去年の5位から1位に浮上しました。出演本数も62(175->237)増えています。この増加は、帯番組である「スッキリ!!」(日本テレビ)のMCに3/28から就任したことがもたらしました。

この出演は、ハリセンボンにとしての活動に影響をもたらした可能性があります。相方である箕輪はるかは、トップ10の常連だったのですが(2015年上半期:4位、2014年上半期:5位)、今回は外れたからです。


去年は1位であった小島瑠璃子は、出演本数を7つ増やしました(226->237)。しかしながら、近藤春菜の急上昇によって2位に甘んじました。

指原莉乃は、帯番組効果があった近藤春菜を除いた4人の中では、出演本数が最も増えています(159->197)。彼女は、フジテレビ、TBS、日本テレビでレギュラー番組(全て共MC)があり、これにNHKを加えた4局で準レギュラー扱いの番組があります。今年度になってからは、NHKへの出演が増えました*1


上記の5人の間の4位に入りこんだのは友近です。このランクインは、朝ドラ「あさが来た」(2015年度後期)への出演がもたらしました。朝ドラに主役級で出演すると、帯番組への出演と同等の効果があります。

岡副麻希(7位)と新井恵理那(10位)のランクインは、帯番組への出演がもたらしました(二人共にセント・フォースに所属)。それぞれ、「めざましテレビ」(フジテレビ)と「グッド!モーニング」(テレビ朝日)に出演しています。

ちなみに、2015年上半期からの夏目三久のランクインも、帯番組「あさチャン!」(TBS)のメインMCに就任したことがもたらしました。

去年までの常連であった黒柳徹子は、今年はトップ10から外れました。彼女は以前と同様に帯番組「徹子の部屋」に出演しています。彼女が外れたのは、10位における出演数が増えたためです。2015年上半期では148でしたが、2016年上半期は171に増えています。


ーー以上ーー

*1:ガッテン!」(2016.4)は準レギュラーであると思います。「指原(さし)ペディア」は4月からは月に一度のペースで放送されています。