はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

Suicaで支払いができる屋外の自動販売機は、雨の日にはリスク回避になる件

日がさしている昼間には外出することが嫌になるような最近ですが、まだ梅雨のようです。


梅雨としては文句がつけられない天気である今朝、気がついたことは、傘をさしている時には、Suicaで支払える自動販売機は便利であるということです。この種の自動販売機は駅のプラットーフォームなどで今までも使っているのですが、この有用性に気が付かなかったのは、雨に濡れない所に設置されていることが多いからだと思います。

この種の自動販売機の良い所は、小銭がなくても札を使わなくてよいことです。千円札をなかなか読み込んでくれない場合には、極めて上手くやらないと濡れてしまう可能性があります。そして、試行錯誤の末に、幸いに取り込んでくれても、取り込まれてしまう可能性があります。つまり、幸いの逆が起きてしまうのです。


私もそのことは可能性があるとは認識していたのですが、実際に被害にあるまでは、自分の身に起こるとは実感としては想像していませんでした。でも、そのような珍しい情況に陥ることが面白いなぁと一瞬は思ったのかもしれません。

そのように思ってしまうことによって、可能性が数倍に増えてしまうことが、世の中にあるのかもしれません。吊橋を渡る時に、落ちる可能性があると思ってしまったことによって、心身の状態が不安定になり、結果的に可能性が増えるということと同じかもしれません。

幸い、管理会社に連絡することによって、返却してもらうことができました。



この時が豪雨であったのならば、私も自動販売機で缶飲料を買おうとは思わなかったと思います。極めて大きいリスクの場合にはそれを避けるので事故は起きないけど、それ以下のリスクの場合に起きるということは、ありがちなことなのだろうと思います。


ーー以上ーー