読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

「2016上半期タレントネットニュースランキング」(ニホンモニター)について

「2016上半期タレントネットニュースランキング」(ニホンモニター)が発表されました。このランキングは、「Yahoo!トピックス」と「LINE NEWS」の2つを合計して算出しています。

www.n-monitor.co.jp

1位はベッキー(442本)でした。2位(249本)は川谷絵音ですから、不倫が報じられたカップルが2トップになったことになります。なお、川谷絵音は現在は離婚をしています。

今回は、この2人を含めた騒動があった5人がトップ10の上位を占めました。3位の中居正広(171本)にはSMAP解散騒動がありましたし、4位の狩野英孝(130本)と6位の加藤紗里(109本)のペアも好ましいことで注目を浴びたわけではありませんでした。このことは、騒動が要因でランクインしたタレントが三船美佳(7位タイ、74件)だけであった去年とは対照的です。

www.n-monitor.co.jp

好ましい出来事が主な要因になってトップ10に入ったのは、6位のDAIGO(112本)と7位の北川景子(97本)だけでした。


結果として、通常の情況において話題となるタレントは、8位以下になりました。例外は、SMAP解散騒動の結果、本数が倍増した中居正広(62本[10位]-> 171本[3位])だけです。

去年上半期の1位であった指原莉乃は9位になり(87本->83本)、8位には去年4位であった松本人志(80本->90本)が入りました。二人共に順位は下がりましたが、本数が大きく減ったわけではありません。指原莉乃は4本減っただけですし、松本人志は10本増えています。

松本人志の本数が増えたのは、去年よりも「ワイドナショー」(フジテレビ、日曜昼前)に対する注目が増えたためだと思います。彼はこの番組では、レギュラーのコメンテーターを務めており(MCとほぼ同等)、その発言がほとんど毎回、記事になっています。ちなみに、指原莉乃は月1度のペースでゲストコメンテーターとして出演しています(ゲストの中では最多出演)。

10位になった高橋みなみは、長く続いた店じまいセール(AKB48卒業)で記事になることが多かったのだと思います。


2015年の年間1位には、上半期1位であった指原莉乃の147本をかわして、上半期は圏外であった又吉直樹(155本)がなりました。彼の急上昇は芥川賞受賞がもたらしました。
www.n-monitor.co.jp

しかしながら、今年は上半期だけでも彼の年間本数を越えているタレントが3人(ベッキー川谷絵音中居正広)がいます。このことは、今年の上半期が異例であったことを表しています。

私は、下半期は通常に戻って欲しいと思っています。もしそうなるならば、1位はベッキーになる可能性がかなり高いです。


ーー以上ーー