はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

「Momm!!」(TBS、月曜深夜)における指原莉乃&二階堂高嗣の年収についてのやり取りについて(2016年9月5日)

2016年9月5日に放送された「Momm!!」(TBS、月曜深夜)を観ました。特に、面白かったのは、MCである中居正広の指示による、指原莉乃HKT48)と二階堂高嗣(Kis-My-Ft2/舞祭組)の年収についてのやりとりでした。ちなみに、他の出演者は錦野旦堀ちえみでした(進行:江藤愛)。

japan.techinsight.jp

二人を年収を公開したわけではありません。中居正広の指示によって、耳打ちし合っただけです。中居正広の意図は、二人のリアクションを観て、他のゲストと共に楽しもうというものです(芸能界の先輩による貴族の遊びです)。

最初は、私は中居正広の戯れ事をどんなものかと思いました。実際に見ることによっても、やはり同様に思った人もいると思いますが、ネットを観測すると、面白いと感じた視聴者の方が多かったように見えました。

私も面白いと感じた方の一人です。実は私はこの場面を10回くらい繰り返して観ており、その度に二階堂高嗣に好印象を感じます。

どちらが初めに伝えるかを決める際に、二階堂高嗣が「じゃ、僕、言いますよ」と言ったことについては、男らしいと感じた視聴者が、かなりいたようです。私もいい奴だと思いました。

二階堂側のファンの女性の一部は、twitterによるツブヤキを観ると、彼に耳打ちする指原莉乃の姿を自分に重ねあわせて楽しんだようです。それから、高い年齢層も少なからず含まれている指原ファンの一部には、息子を持つ立場で二階堂高嗣に好感を持った人もいたようです。


どちらの収入が多いかについては、指原莉乃の方が多いと思っていた人の方が多かったと思います。でも、その度合については彼女のことをよく知っている人とそうではない人では、読みが違ったと思います。

指原莉乃は、「2016上半期タレント番組出演本数ランキング」(ニホンモニター)によると、今年の前半には197本の番組に出演しています。女性では5位になっていますので、かなり売れっ子のタレントです。

197本でに5位という順位に、低いように感じる方がいらっしゃるかもしれません。これは帯番組(週5)に出演している夏目三久や、朝ドラに出演していた友近がいるからです。

natuka-shinobu.hatenablog.com


今週(9月5-11日)は、彼女の個人タレントとしての出演が多めの週であり、10個の番組に出演予定です。

9/05深夜 Momm!(TBS)
9/06深夜 今夜くらべてみました日本テレビ[MC with 徳井義実後藤輝基
9/07深夜 指原カイワイズ(フジテレビ)[MC with 山崎弘也
9/08夜 芸能人が実体験を告白!最悪の一日(テレビ朝日[MC with みのもんた
9/08深夜 HKT48のおでかけ! (TBS) [MC with 後藤輝基
9/10朝 王様のブランチ(TBS)
9/10昼 THEベッカクTV(TBS)[MC with 沢村一樹
9/10深夜 有吉反省会日本テレビ)
9/11昼 そもそも…それっていつから?(日本テレビ) [MC with 爆笑問題
9/11夜 この差って何ですか?SP(TBS)

特出すべきは10本中の6本に番組(レギュラー:3本)において、共MCを務めていることです。MCは負担が多いので、単なる出演よりも出演料が高いのではないかと思います。

彼女の話によると、AKB48グループの仕事については給料制であり、太田プロの仕事については歩合制のようです。したがって、これらの仕事は全て歩合制による収入に寄与することになります。

AKB48グループのメンバーとしての出演も幾つかあります。多くの人が知っている番組では、「歌コン」(NHK)[AKB48選抜](9月6日)と「ミュージックステーション」(テレビ朝日)[HKT48](9月9日)に出演します。

これらのことを中居正広が知っていたのならば、二階堂高嗣にとってあまりにも酷なことになりえるので、やらせなかったかもしれません。しかしながら知らなかったのでしょうから、仕方がないです。


二階堂高嗣の年収を知った際の指原莉乃の反応は想定内というものでした。そして、急に「言いたくなくなってきた。」と言い始めます。

このことから、彼女の事を知る指原側のファンの大部分は、二階堂高嗣に起き得る反応を予見したと思います。中には、止めさせたいなと感じた人もいたかもしれません。

しかしながら、二階堂高嗣「それはダメだよ。なんで俺だけ裸になってんの。何で俺だけマッパになってんのと」と言わたので、指原莉乃は伝えざるを得なくなります。中居正広指原莉乃の言葉によって、全てを理解したようですが、二階堂高嗣の方は、十分が心構の準備をするほどには、事態を理解していなかったと推測します。

二階堂高嗣は彼女の年収を聞いた後にしばらく呆然とし、「もう一回お願いします」と丁重に聞き返します。その後、彼女の反対側にあったテーブルに手をつき、しばらく固まることになります。

このことを中居正広は「反省ザルになっている」と描写しました。そして、画面には該当する画像が表示されました。

2倍位の違いならば、彼はこんなにも落ち込まないと思います。おそらく、それ以上の差があったのだろうと推測します。


この件は、舞祭組の一員である二階堂高嗣にとって美味しいことだったと思います。でも、酷なことであったことも事実です。このため、これ以上の詳しい記載は控えます。

興味のある方は、上記記事(Techinsight)や、以下のtwitter(動画付き)を御覧ください。