読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

ひと続きになった「ワイドナショー」の初回放送(10月2日)について

10月始めから、日曜昼前にフジテレビ系列で放送されていた「ワイドナショー」と「ワイドナショーB面」が統合されて「ワイドナショー」として放送されることになりました。これに伴い、関西テレビ(近畿広域圏)における放送も同時ネットになったようです。関東に在住の私にとっては、実質的には同じですが、録画設定と録画番組の保管が楽になりました。

今まで分離されていたのは、東野幸治における番組出演の裏かぶりが原因であったようです。このため、MCは、「ワイドナショー」を東野幸治、「ワイドナショーB面」を佐々木恭子が担当していました。

新装となった2016年10月2日では、「ワイドナショーB面」における時間帯を佐々木恭子と共に東野幸治が務めるようになりました。番組側である松本人志がゲストコメンテーター(3人)と共に座すこととは前とおなじです。アシスタントを秋元優里または山崎夕貴(今回出演)が務めるのは以前と同じなのだろうと思います。

今回のゲストは指原莉乃古市憲寿赤江珠緒でした。指原莉乃古市憲寿はゲスト出演数の2トップです。安倍首相が出演した回(5月1日)も2人は出演していますので、番組としては万全な体制で臨んだということだと思います。ちなみに、5月1日の回におけるもう一人のゲストは、山崎亮太でした。


今回における、私として特出するべきことは、指原莉乃が2位であった「モテない扱いだけど実は美人だと思う芸能人」というアンケートについてのやり取り(最初の話題)と、番組の最後における松本人志とそれに付け加えた東野幸治の発言です。その2つに関して具体的に述べる前に、他の話題項目について記載します。

ワイドナショー」に該当する時間帯の話題は、次のものでした。

  • 築地市場移転問題関連
  • 愛之助&紀香の豪華披露宴(主に、水素生成器などの引き出物)
  • 福山雅治関係(家への侵入事件への判決、コンサートにおけるスタッフにおきた事故)
  • アメリカ大統領選におけるクリントン&トランプのディベート
  • 世界的に流行してるらしい日本初の動画(パイナッポーペン)

ワイドナショーB面」に該当する時間帯の話題は、熊本ヴォルターズの開幕戦(取材:前園真聖)についてでした。なお、このシリーズは今回が最終回とのことです。


「モテない扱いだけど実は美人だと思う芸能人」
についてのアンケートは、VenusTap(ヴィーナスタップ)が行ったものであり、調査対象は男性500名でした。彼女が2位であるほかは、1位に井森美幸、3位には島崎和歌子が入っています。
venustap.jp


彼女はとても嬉しく、芸能界の大先輩である2人の間に入ったことには恐縮するという意味のことを述べています。でも、「モテない扱いだけど」というところには引っかかったよです。彼女によると、ブスだと弄られることはあるけど、モテないという弄りはされたことがないので、この意味において心外だったようです。

「モテない扱いだけど」の意味することについては、古市憲寿は確信はできなかったようです。彼は「中身はおじさんだけれど…」と推察して、他の人の意見をうかがっていました。彼にしては珍しいことです。東野幸治には伝わっていなかったかもしれませんが、実は、VenusTapの該当記事には、以下の記述があります。VenusTapがこの文書を添えてアンケートを依頼したかは分かりません。

キレイどころが集まる芸能界にも、「ブス」とか「モテない」とか言われるポジションの女性がいます。
TVで芸人などに「モテないやろ~」なんてイジられていても、やはり芸能人。キャラを無視すれば、「やっぱりキレイだ」と思える人もいるのではないでしょうか。

2位は指原莉乃!モテない扱いだけど実は美人だと思う芸能人ベスト3 - VenusTap(ヴィーナスタップ)

なお、私は「ブス扱いだけど…」という意味だと解釈して、上記の記事を書いています。


古市憲寿に続いて松本人志は、対象者がどういう人だか分からないと意味が分からなくなるという趣旨のことを発言しています。そして、古市憲寿もこれには同意しました。

対象者が云々ということには、彼らが指摘したように、対象者によって程度はともかく結果が変わるということの他に、調査対象が妥当であるかということもあると思います。今回アンケートは、対象者が異なると、程度はともかくとして結果が異なる可能性があるとはいえ、答えることに適さない人はいても排除できると思います。例えば、芸能界に興味がない人による回答は、「分からない」という選択肢を加えておけば排除できます。


でも、VenusTapによる「10年後も第一線で活躍していそうな35歳以下の女性バラエティタレントは?」(対象男女500名、2016/05/11付け記事)については、結果を見ると、対象を限定したほうが有意義な結果を得られた可能性があると思いました。
venustap.jp

このアンケートはバラエティー番組をあまり見ない人でも、「分からない」と答えずに、印象に基づいて答えるような部類だと思うからです。もちろん、エンタメ(松本人志の言葉を借りるならば、「お遊び」)と捉えるならば、これでも良いのだと思います。。

このアンケートの1位から5位は、関根麻里(11.0%)、ローラ(10.6%)、中川翔子(9.6%)、指原莉乃(8.6%)、小島瑠璃子(6.6%)です。でも、この5人の中で、現時点においてバラエティータレントとして目覚ましく活躍している女性タレントは、指原莉乃小島瑠璃子だけでからです。関根麻里については現在は産休中のようです。ローラと中川翔子は、バラエティーが活動の本拠地ではないような気がします。

指原莉乃小島瑠璃子は、若手女性バラエティータレントの2トップです。参考記事を以下に示します。
natuka-shinobu.hatenablog.com

この二人の強みは、20歳前半でありながらも、MCができることが強みです。このため、プレイヤーとして出演しているタレントよりは、将来も生き残る可能性が高いです。このようなバラエティー事情に詳しい人が調査対象ならば、違うランキングになったと思います。


番組の最後における松本人志とそれに応じた東野幸治の発言は、以下のものでした。

松本:俺(にとって)もこの番組はリスクしかないから。この後のオンエアー後のストレス、半端やないから。オンエアーに観てない人が文句言ってくる。端折られた(はしょられた)記事だけ観てね。
東野:文面だけ読むのと、実際見るのと言うてる意味がちょっと違っているでしょ。

松本人志に意見については、
番組中は、twitterによる番組の内容に関する批判がほとんどないのにも関わらず、しばらくすると批判が起き、記事にされると、まとめサイトに記事になり、twitterによってさらに拡散されて炎上するということは、ありがちな風景です。


東野幸治の意見については、
今回の実際に放送を観た人が、「モテない扱いだけど実は美人だと思う芸能人」についてのアンケートの話題について書かれた以下の3つの記事を読むと、分かるかもしれません。また、放送を観ていない人でも、3つの記事を比べるて違いを見るならば、分かるかもしれません。
news.dwango.jp
news.mynavi.jp
www.rbbtoday.com


この中ではドワンゴジェイピーnewsの記事が一番正確です。でも、記者の解釈を断定的に書いているところがあり、結果的に違ったニュアンスを感じた人もあると思います。具体的には「ご機嫌斜め」「不信感を抱いていたが」「意気消沈していた」です。

彼女が「ご機嫌斜め」であったように記者に見えた後に、「でもすごく嬉しいですし」となったのは、東野幸治に「でも、これ褒めているんですよ『美人だと思う』(という質問だから)と言われたからです。彼女が「心外です」という言葉を使ったことには、意外に感じさせる言葉を使って話を展開させる意図があると思います。ところが「ご機嫌斜め」という断定形を使ったことによって、見えなくなってしまっています。この他にもあるのですが、多くの人にとっては詳細であることかもしれませんので省略します。

指原は「私はそもそも”ブスやん!””ブスじゃないですよ”っていうやりとりは何度もしてるんですけど、”モテない”といういじりをされたことはなかったので心外です」とご機嫌斜め。
「でもすごい嬉しいですし、1位(井森)と3位(島崎)のかたに挟まれるなんて、私にはまだ早いんじゃないかと思うような…」と気持ちを述べると、松本が「いったいどういう”男性500人”が答えているのか?そちらの方が気になる」と言うと古市も、「指原さんを個人的に美人と思う人ってどんなんだろうって。
読者まで分析しないとちゃんとした結果は分かんないのかな」と同意すると、「はっ!?いいじゃないですか!」と指原。「確かにそうですけど、私の話題をウォーミングアップに使われてるのがムカつくんですけど」と、番組本編前の話題として取り上げられたことに不信感を抱いていたが、松本は「いや、そうよ」とあっさり。
「へえええ!」と驚く指原に東野幸治もからも「アイドリングトークというかね、試験走行で今から番組やって行こうということです」と言われ、「ありがとうございます…」と意気消沈していた

指原莉乃 ブスはいいけど”モテないけど美人”というのは「心外です」 | ドワンゴジェイピーnews

ドワンゴジェイピーnewsは、既存のメディア系の記事よりも脚色が少ない傾向があるので好感を持っているのですが、自分の解釈に当てはめてしまうことが若干はあるようです。


ーー以上ーー