読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

「好きか嫌いか言う時間 3時間SP」(TBS、2016年10月17日夜)における「 トップアイドルVSスクープ記者ガチ激論! 指原莉乃が東スポに潜入!」などを観ました。

「好きか嫌いか言う時間 3時間SP」(TBS、2016年10月17日夜)を録画で見ました。

通常版を観ていないのにもかかわらずこの回を観たのは、「 トップアイドルVSスクープ記者ガチ激論! 指原莉乃東スポに潜入!」というコーナーをフィーチャーした宣伝をどこかで見たからです。指原莉乃は、この他に「双子15組30人が大集合!究極の双子!双子×双子で結婚した夫婦、双子の神秘・テレパシーの謎」というコーナー(こちらもロケ)にも出演していました。

この2つのコーナーにおける他の出演者は、番組のMCである川田裕美(進行)、吉田敬ブラックマヨネーズ]、山里亮太でした。該当する放送時間は50分弱でした。


東スポへの訪問では、「現役記者と徹底討論!」という企画が行われ、東スポの5人の記者が参加しました。具体的には種井記者(芸能担当)、佐藤記者(芸能担当、AKB番)、前田カメラマン(写真部)、山西記者(見出し担当)、三浦記者(UMA担当)でした。

東スポは、創造による記事も書きますが、基本的に話題作りのためであり、基本的に悪意はありません。そのことが、5人の話を聞いても分かりました。この番組を通じて東スポに好感を持った人もいると推測します。

本題に入る前の話で面白かったのは、UFOの記事を載せた後に、「お前、銀河連邦に黙ってUFOを載せたな!お前、地球が滅亡するぞ」というクレームが来たという話しでした。


この企画の売りとされていた「指原 怪しい噂を徹底追求」における5つのネタの大部分は既知のものであり、これを東スポ的に解釈したものでした。おそらく、東スポが番組の依頼で揃えたネタ?だと思います。彼女自身も、これを盛り上げるという意図で臨んでいたことが分かりました。

この内の4つを話した佐藤記者は、指原莉乃に「ファンと同じ目線」と弄られ、山里亮太には「この人、めっちゃピュアなひとじゃない」、「好きなんだなさっしーのことが」と言われる始末でした。そして、指原莉乃は「AKB48のことを応援してくださることは知っているので、嬉しいです」という大人のコメントをしています。

唯一の新規なネタは、前田カメラマンによる横浜アリーナのコンサートにおける指原莉乃のジャンプがスゴかったことについての(東スポ的)疑惑でした。これについては、以下の記事が書かれていますので、ここでは詳細は述べません。

http://japan.techinsight.jp/2016/10/maki10181016.html

「指原 怪しい噂を徹底追求」は、言葉通りの意味では期待外れであったかもしれません、でも、東スポのことを理解して、このコーナーを楽しみにしていた人の多くは、本来の意味での期待をしていたとは思ません。彼らの多くは、予想通りに楽しめたと推測します。


東スポ的意味ではない面白さがあったのは、双子についてのコーナーででした。出演した双子ペアの大部分は一卵性双生児でした。出生時に二卵性双生児であると診断されていたペアも、出演した専門家(岩谷良則教授、大木秀一教授)による判断によると、一卵性である場合がほとんどのようです。間違った判断がされる要因としては、例えば、2つに分かれる時期が早いと胎盤が2つになることがあるようです。

一番面白かったのは、双子同士で結婚した深見兄弟でした。双子である二人は双子と結婚することに決め、8組目の見合い相手である姉妹と結婚したそうです。兄と姉、弟と妹が結婚したのですが、この組み合わせは双子同士で結婚することを決めた後に決めたようです。二人は同じ仕事につき、両夫婦は同じ家に住んでいるようです。仲が良い夫婦であり、夫婦同士の関係も良好のようです。


二組の深見夫婦とは違い、程度は別にして、姉妹同士で競いあってしまうことがある双子も幾つかありました。競い合いは容姿のことが多いようです。

吉田敬は坪田姉妹の姉に「妹の評価は君への評価と一緒やから」とコメントしました。また、山里亮太は「これは全双子に言いたい『この子ブスに見せたい』と言っているけれど、結果的に全部、自分に返ってくる」とコメントしています。

同様であるが殺伐としたな傾向はAKB48グループのファンにもあります。一部のファンは、自分の推しているメンバーのためにプラスになるという判断で、他のメンバーをdisるからです。これは、吉田敬山里亮太の言う意味において、AKB48グループにはマイナスになり、結局はそのメンバーにもマイナスにもなります。しかしながら、このような傾向の人は自分たちがマイナスをもたらしていることに無頓着です*1

このようなファンに関するまとめサイトでは、メンバーの共演者に触れない傾向があります*2。このようなファンのあり方は、共演者が一般のタレントの場合には、そのメンバーの芸能活動にマイナスをもたらします。

上に小さい字で書いたこともあり、この番組に出演した既述の4人以外のタレントを、名前だけになりますが記しておきます。りゅうちぇる、デヴィ・スカルノ渡辺満里奈北村晴男、YOU、大谷亮平吉川美代子鳥越俊太郎ホラン千秋ナジャ・グランディーバピース綾部祐二です。私が参照した資料では、この11人に指原莉乃を加えた12人は、コーナーMCと記載されています。

りゅうちぇるは3つ全てのコーナーに出演し、その他の10人は、1つのコーナーに割り当てられています。コーナーは具体的には、「浮気疑惑夫婦と大激論!ヒモ夫にデヴィ夫人がマジ切れ!」と「バリキャリ女VSゆとりOL▽仕事のやり方で大激論!服装と仕事は関係ない!未婚のクセに偉そう!」と、貧困女子に関連するものだったと思います。


ーー以上ーー

*1:メンバーが好きというよりは、メンバーが好きな自分が好きな人の割合が高いのだと思います。

*2:元になる2chなどの掲示板の傾向をさらに強めたものです