読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

「相棒」season7の第4話「隣室の女」の再放送(2016年11月10日)があったことをキッカケに…。

実は10月から始まった「相棒 season 15」(テレビ朝日、水21)を観ています。今までは観たことがないこの連ドラを観ることになったのは、7月くらいからこの番組の再放送を観ていることが関係しています。この番組の再放送の枠についてはあまり理解していないために、検索を行っていました。それに最新シリーズが検出されたので、観ることがなったということです。


その「相棒 」の再放送の愛好者に衝撃が走ったのは10月の終わりのことでした。元出演者で女優をやめていた高樹沙耶(本名:益戸育江)が逮捕されたからです。しかも、大麻に関する逮捕でした。ちなみに彼女は先の参議院選挙において、新党改革より東京都選挙区に立候補して「医療大麻の解禁」を訴えていたようです(落選)。

彼女は主人公の杉下右京(水谷豊)の元妻である宮部たまきをseason10の第1話(2011年10月19日)まで演じていたようです。右京にとっては彼女が女将である「花の里」が行きつけの店であり、番組の最後なると訪れることが多かったです。ちなみに、「花の里」は最近のシリーズでは、月本幸子鈴木杏樹)が女将(二代目)を務めています。

彼女が逮捕されたのは、10月25日でした。この日に放送されるはずであったSeason7の第13話「超能力少年」は、Season14の第12話「陣川という名の犬」に差し替えられました。おそらく、彼女が出演していたのだと思います。
nlab.itmedia.co.jp

タイトルにある第4話「隣室の女」には彼女が出演していませんでした(再放送:2016年11月10日)。今回の記事は、この再放送をキッカケに書くことにしました。


「相棒」は人気番組であり、過去の放送分はテレビ朝日にとって優れたコンテンツです。したがって、 season9まののほとんどを使えなくなるならば、大きな痛手です。

今回の件は、テレビ朝日以外のテレビ局にも、他人ごとではない衝撃を与えたと思います。すでに俳優をやめた過去の出演者は、業界に係わりがなくなくなってから長くなるにつれて、出演した作品の関係者に迷惑かけたくないという意識による抑止力が失われるように思うからです。


現時点の彼女はあくまでも容疑者であり、容疑を認めていません。「相棒」でも、捜査一課が逮捕した容疑者が無実であることは稀ではありません。

しかしながら、テレビ朝日としては、有罪の判決が出ない時点でも該当回を放送しないことが、無難な判断だったのだと思います。このことは、彼女に対する判決がでるまでは少なくとも続くと思います。その後のことは、彼女が無罪になるか、有罪になるかによって違いがあると思います。有罪であっても実刑になるのと執行猶予とは違うでしょうし、更正の仕方によっても異なると思います。


テレビ朝日には、できるならば彼女の出演場面を上手くカットして、できるだけ多くの回を放送可能にしてほしいと思います。反面教師という意味を含めて、該当回をそのまま放送するという考えもあるかもしれません。でも、今の日本においては、現段階では難しいようと思います。

ちなみに、現在の「花の里」の女将である月本幸子は、殺人未遂により服役をしたあとに、右京の勧めで女将になったようです。殺人未遂は重い罪ですが、せざるを得ない情況/心的状態に追い込まれることがありえるようです。右京は、更生が十分であり、人間的に信用ができると判断したのだと思います。


ーー以上ーー