はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

山口県において“日露親善やまぐちPR特使”が設定され、村重杏奈(HKT48)が任命された件についについて(日露首脳会談:12月15日)

村重杏奈HKT48)が、山口県から日露親善やまぐちPR特使に任命されました。任期は12月末までのようです。


日露親善やまぐちPR特使は、日露の首脳会談(12月15日)[安倍総理プーチン大統領]が長門市で行われること機に期間限定で設けられたようです。

山口県は、長門市を含む山口県をアピールする絶好の機会だと見なしているようであり、以下の特設サイトを作っています。サイトの中には村重杏奈の紹介のページもあります。

村重杏奈が抜擢されたのは、山口県出身のタレント(高校3年)であり、ロシア語が話せるロシアとのハーフであるためだと思います(母親がロシア出身)。山口県のどこの出身であるかをネットで調べたところ、岩国市と出てきました。


長門市で開催になるのは、安倍家の故郷である旧・油谷町(ゆやちょう)が現在の長門市の一部になっているからです。長門市が三町(油谷町三隅町日置町)と合併したのは2005年3月ですから、そんなには昔のことではありません。

旧・油谷町には、元乃隅稲成神社(長門市油谷津黄498)あります。この神社については、安倍総理がワイドショーに出演した際(2016年5月1日)にふれたので、ご存知かたも多いと思います。

安倍総理の説明によると、CNNによって紹介されてる前には、「地元でもそんなに有名ではなかった。あんまり観光客もこなかった」とのことでした。日本ではありがちなことです。

ちなみに、この回の通常のゲストコメンテーターは、指原莉乃HKT48)、古市憲寿山里亮太[出演回数順]でした。


会談場所については、大谷山荘(長門湯本温泉)という説がありますが、その信憑性についてはわかりません。長門湯本温泉は、例えば近くの俵山温泉に比べると大型のホテルがあります。多くの報道陣を迎えることをも考慮すると、妥当な選択であるように思います。

ちなみに、俵山温泉(長門湯本駅からバスで25分)は、日本の温泉のレトロ的な感覚を味わうには適した温泉街です。首脳会談の辺りでは長門湯本温泉はごったがえす可能性がありますので、個人旅行ならば俵山温泉に泊まって、長門湯本温泉の公衆浴場や日帰り湯に寄るというルートもありえるかと思います。当日における長門湯本温泉での警備による規制がどの程度であるかは分かりません。


村重杏奈については、今回のPR特使への就任が何かのキッカケになればと思っています。今の彼女ならば、順当に行けば、十分に山口県に貢献ができると思います。

彼女はHKT48の一期生であり、3rdシングル[2014年3月]までは選抜メンバーでした。AKB48選抜総選挙2014では67位にランクインしています。2015年には圏外(81位以降)になりましたが、今年は80位に復活しましたので、運気が上がってきたのかもしれません。


2015年に圏外になった原因には、AKB48選抜総選挙2014の直後の週刊文春の報道があります。報道されたと言っても、記事から推察すると微笑ましいデートであったように感じました。一般的な感覚からして問題なのは、深夜における外出であったことだけのように思います。

彼女にとって不運であったのは、このようなネタでも週刊文春が報道していた時代であったことです。現在ならば、「週刊文春」(ニコニコ生放送)のネタにもならない可能性もあります*1

この報道は彼女に、プラスもマイナスももたらしました。マイナスは選抜メンバーの常連から外れたことです。これに対してプラスは精神的な成長を得たことです。

それまでの彼女には、アピール力はあったのですが、謙虚に自分と周りを見るという姿勢が乏しかったように思います。このことが、与えられた機会を十分に活かすことを妨げていたように見えました。これに対して現在の彼女は、与えられた場において周りも活かしながら、自分らしい貢献をするということが理解できているように思います。


それでは、今回の日露首脳会談が山口県に多くのプラスをもたらすとを祈念しつつ、このブログ記事を終えたいと思います。


ーー以上ーー

*1:最近の事例では、深夜にゲームセンターでダブルデードをしたメンバーのことが、「週刊文春」(ニコニコ生放送)に留まっています。